うしすけ photo

Ushisuke Photo

vol.11 愛犬のお肌のお手入れ

獣医師プロフィール 名前:宮本三郎 出身大学:麻布大学 勤務先:安田獣医科医院 趣味:ペットショップめぐりと独り旅行。 先日ヤクルトレディさんから紹介された化粧品、保湿効果が高くおすすめだとか。お値段もちょっと高いなぁとスタッフに漏らしたところ、女性にとってはまだ安い!とのこと。肌ラボの『極潤®』で満足してた私にとっては衝撃でした。 こんにちは、勤務獣医師の宮本三郎です 今回は 【愛犬のお肌のお手入れ】 についてです。 みなさん、ご自身の肌のお手入れはどうされていますか? 毎日なにかしらの、もしくはしっかりと決められた方法でされていると思います。 そうでなければいろいろな問題が出てくることが分かっているからですね。 では、愛犬に対してはいかがでしょうか。 人と同じように毎日お風呂に入れているという方はいらっしゃらないと思います。それにはいくつかの理由があげられます ①面倒だから ②うちのコはお風呂がキライ ③洗いすぎは良くない(とウワサで聞いた) などなど。 それぞれについてお話しします。 ①《とにかく面倒・・・》 ちょっと言い方は悪いのですが、洗い方が分からなかったり、乾かすにも時間がかかるし難しいということから、面倒というのはわかります。だからトリミングサロンがあるのですが、費用はかかります。 最近では、サロンに愛犬を連れて行って飼い主さんに洗い方の指導をしてくれるところもあるようです。ご自宅でできるようになると愛犬との信頼関係が強くなったり、何らかの異常にも早く気が付くことができるようになるので、ご興味のある方は一度調べてみることをおすすめします。 ②《キライだから・・・》 お風呂がキライなコ、苦手なコ(ふるえてたり、固まって動かないコ)はいます。 だからといって、全くシャンプーをしない訳にはいきません。 当然身体は汚れますから、する必要があります。ではどのくらいの頻度でシャンプーをしたらよいのでしょうか。 ★シャンプーの頻度 犬のシャンプーの頻度は3週間に1回をおすすめしています。理由としては、イヌの皮膚表面の細胞が、古いものから新しいものに置き換わる期間が約3週間だからです。その間に古い細胞は剥がれて働きを失うため、フケとなって目に見えるようになります。フケが積もりにつもってしまうと、見た目だけでなく臭いがきつくなったり、細菌増殖の温床となって皮膚病の原因となります。ただ、3週間に1回というのは予定を立てづらい(と思います、私の場合は!)ので、皮膚病などなければ1カ月に1回でも良いでしょう。 ③《洗いすぎて乾燥肌に・・・》 シャンプーのし過ぎで皮膚が乾燥してしまう心配は多少ありますが、実際、 毎日ゴシゴシこするようなシャンプーでなければ、週に2~3回でも問題ありません。 全身の皮膚表面は薄い脂(皮脂)で覆われていて、シャンプーで流された皮脂は通常8時間ほどで回復しています。但し、肌の弱いワンちゃんもいますので、回数を増やすのであれば、トリマーさんか獣医に相談してみてください。シャンプー成分も含めて教えてくれます。 ★最後に、余談ですが・・・ たまに半年くらいシャンプーしていなくても、フケが見当たらないワンちゃんもいます。 飼い主さんの中には、「うちのコは洗わなくてもきれいなの」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、それはちょっと違います。ソレは、皮脂腺からでる脂でフケがペッタリとくっついてしまった状態です。ためしに身体を撫でてみてください。撫でた手指がつるつるぬるぬるするはずです。フケが溶け込んだ皮脂のせいです。決してシャンプーしなくても良い犬、ではありません。 見た目に惑わされることなく、1カ月に1回はシャンプーの機会を作ってあげてください。 次回も引き続きお肌のお手入れついて、日常的なケアも含めてお話しします。 ご一読ありがとうございました。

ほかのワンちゃんも一緒に見てね!