うしすけ ブログ

Blog

愛犬を撮影するにあたっての準備と2つの注意点

わんちゃんと過ごしていると、普段の何気ない瞬間やかわいい表情を撮影したくなりますよね。おもちゃで遊んでいるところや、おやつを食べているところ、日向でうたた寝をしているところ、などなど…。考えているだけで、なんだかニマニマしちゃいますね。

さらに最近はInstagramの普及で、愛犬の写真を投稿する方も多いのではないでしょうか?私もかわいい愛犬の姿を見てほしくて、何枚も写真を投稿しております◎

そんな愛犬の写真を撮りたいあなたに、今回は撮影までの基本的な準備から、おすすめの撮影モード、そして注意点までお伝えしたいと思います。

撮影の前に

  • スマートフォン撮影に慣れる

まず撮影機材についてですが、一眼レフ未経験者の方はまずスマートフォンでの撮影に慣れることをおすすめします。単純に一眼レフの操作が難しいというのもありますが、最近のスマートフォンは大変性能が高いというのが1番の理由です。

自動ピント調節はもちろん、連写機能明るさ調整機能も搭載しているため、ストレスなく撮影が行えます。また、構図を考えるためのグリッド線も簡単に設定することができます。

さらに、最新のものだとポートレート機能(背景をぼかして、より人物が引き立つよう撮る手法)や、広角レンズ(より広い範囲の撮影が可能となる)機能などが搭載されている優れた機種もあります。

つまり、“スマートフォン撮影でもクオリティの高い撮影が可能”となっているのです!

○私のiPhone8のカメラ画面です。3×3となるように線が引かれているのがわかります。これがグリッド線です。①「設定」のアプリを開く→②「カメラ」を選択→③「グリッド」をON、の手順でグリッド線を表示させることができます。※(機種によっては設定基準が異なる場合もございます)

  • 物足りないなら一眼レフを

スマートフォンで物足りなさを感じてしまう場合は、一眼レフへ移行をオススメします。

一眼レフは、ペットのスピード間に合わせてシャッター速度を変更することができるため、非常に便利です。また、ズーム撮影や暗い場所での撮影に強いのもおおきな魅力です。解像度も抜群で、ペットの可愛さをより鮮明に残すことができます

私はキャノンの一眼レフを愛用しています。カメラの会社や機種によって、色合いなども変わってきますので、詳しくはお近くの家電量販店まで相談しに行きましょう。

一眼レフの基本的な構え方

一眼レフは、レンズ部分を下から支えるようにして持ちます。下側から支えるように持つことで、ズーム操作やピント調節しやすくなります。

構えるときのコツは、脇を締めることです。そうすることで、カメラが固定され、写真がブレにくくなります◎

  • 撮りたいイメージに合った背景選び

撮影において、背景選びはとても重要になってきます。もし撮影コンセプトがある場合は、それに沿った背景選びをしましょう。

ちなみに私は、季節の植物と一緒にわんちゃんを撮影するのが好きです。写真を見返すたびに、その時の日差しや匂いを思い出せますし、何より愛犬と一緒に季節を感じるのはとても楽しいですので◎

もしご自宅などで背景を飾り付ける場合は、小物で奥行きを演出しましょう。また色合いを統一したり、反対にカラフルにすることで、より魅力的な写真を撮ることができます。

  • 目元がよく見えるようにする

わんちゃんの写真は、ピントを合わせる位置が“目元”になるよう意識します。目にピントを合わせることで、表情がより生き生きとして写ります。

そのためにも、撮影前にまずは目元がはっきり写るよう、身だしなみを整えてあげましょう。ブラッシングをしてあげることで、簡単に目元が印象づくようになりますよ。

一眼レフでのおすすめ撮影モード

  • Av(絞り優先)モード

じーっとしているわんちゃんを撮る場合は、絞り優先モード(Avモード/Aモード)で撮影することをおすすめします。うしろの背景がいい具合ににじみ、被写体であるわんちゃんがくっきりと写ります。

また、絞り優先モードのときはできるだけISO感度をあげましょう。すると、シャッター速度が上がり、ピントが合いやすくなります。

さらに設定できる場合は、連写モードに切り替えましょう。そうすることで、動きのあるワンちゃんを撮ることが可能となります。たくさん撮ることで、奇跡的な表情を撮れることもあるかもしれません◎私は実際に、ウインク姿の奇跡的ショットを撮ったことがあります!

愛犬撮影の注意点

  • フラッシュ撮影禁止

フラッシュ撮影はぜったいにNGです。動物は、人間以上に光に敏感です。もし誤ってフラッシュを焚いてしまった場合、最悪“失明”の危険性もあります。愛する家族の健康を守るためにも、カメラの設定には十分に注意しましょう。

  • 撮影時に叱らない

例えば、カメラ目線の写真を撮りたいとき、なかなかポーズをとってくれなかったとします。だからと言って、叱ってしまうのはNGです。叱ってしまうと、撮影に対してマイナスのイメージを与えてしまうため、生き生きとした可愛らしい表情が撮れなくなってしまいます。

また、叱られた影響でカメラを嫌いになってしまう可能性もあります。すると、カメラに目線をしてくれなくなってしまうかもしれません…。



 


いかがでしたでしょうか?

愛犬と楽しんで撮影をする前段階として、ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです◎