うしすけ ブログ

Blog

【入門編】ペットカフェ店員直伝◎愛犬とカフェデビューまでの5つの準備

こんにちは、ブログ担当のわたなべです。

近年、わんちゃんと一緒に入店できる飲食店が増えてきました。なかには、わんちゃん専用の料理を扱っているお店も登場しております。

寒暖の影響や、天候によって散歩ができない日も多々あるため、わんちゃんと一緒に入れるお店が増えているのはとても嬉しいですよね。また、毎日室内で同じ遊びをしているだけではなんだか窮屈に感じてしまいます。そんな毎日に、ちょっとした“”を与えてくれる場所が、ペットカフェです。

そんな期待感がある一方、カフェデビューを控える飼い主様は、疑問や不安も多いのではないでしょうか?

ということで今回は、最低限おさえていただきたい「カフェデビューまでの5つの準備」を、現カフェ店員ならではの目線でお伝えしたいと思います。

狂犬病ワクチンを完了させる

狂犬病ワクチン接種は飼い主様の義務であり、接種前はお散歩や旅行はもちろん、他の飼い主様や犬とふれ合う可能性があるペットカフェへの入店はNGです。もしワクチンをせず外出をした場合、狂犬病をもらってしまう可能性があります。さらにもし狂犬病にかかっていたら…他のわんちゃんだけではなく、家族にまでうつってしまう可能性もあります。もし狂犬病がうつった場合、その致死率は約100%とも言われています。

また任意ではありますが、混合ワクチンなども受けておくと、より安心です。わんちゃんを家族として迎え入れ、なおかつ一緒におでかけをしたいのであれば、責任をもって健康を守る義務があなたにはあります。

わんちゃんを含めた家族全員が健康に過ごすためにも、予防接種は必ず受けさせましょう。そして、より多くの素敵な思い出をつくりましょう◎

1歳以上のわんちゃんは、アレルギー検査を

わんちゃん専用のお料理は、見た目や栄養、さらには食いつきまでも工夫されたものが多く、見ているだけでワクワクしますよね。その反面、家ではなかなか与えることのない食材が使われていることもしばしあります。それを興味本位で与え、もしもアレルギーが発覚してしまったら…せっかくのカフェデビューが悲しい思い出となってしまいます。

実際に、「アレルギーかどうかわからないから、料理を上げるのが不安…」と躊躇するお客様も多く見受けられます。

そんなデビュー前のわんちゃんにオススメしたいのが、アレルギー検査です。デビュー前にアレルギー検査を行うことで、不安なくお料理を与えることができ、お互いに幸せな時間を過ごすことができます。店員側としても、お店自慢のわんちゃんのお料理を、心から楽しんでいただきたいのです◎

※1歳未満のわんちゃんは、予防接種等もあるため、なかなかアレルギー検査を受けられません。もし検査を受けたい場合は、獣医師さん等に相談しましょう。
また、アレルギー検査完了前にどうしても料理をあげてみたい場合は、普段から食べ慣れている食材が使われたお料理を選びましょう。

※わんちゃんの食事を持ち込み可としているお店もあります。もしアレルギーが発覚した場合は、ごはんを持参してもいいかもしれません。持ち込みの可・不可については電話等で確認してから来店しましょう。

マナーグッズを揃える

カフェデビューを利用するにあたり、マナーグッズを揃えましょう。必ず準備していただきたいのが、①トイレシートマナーウェアお気に入りのおやつやおもちゃ④普段から使用しているカーペットポリ袋ウェットシートです。この6点が最低でも準備できていれば問題ないでしょう。

特に、普段から使用しているカーペットを1枚準備しておくのはとてもオススメです。はじめての環境は、わんちゃんにとってストレスとなることもあります。実際に、終始緊張した様子でお食事をしている子もよく見かけます。しかし、自分のにおいがついたカーペットがあると、「ここは自分の居場所だ」と理解するため、緊張がほぐれ、安心してカフェタイムを楽しむことができるでしょう。

ウェットシートも、あると実はとても便利です。食事後にペットの口周りを拭くときや、ちょっとした粗相をしてしまったとき、足を拭くときなど、さまざまなシーンで大活躍するでしょう。

ブラッシングをしてあげる

定期的にブラッシングをしてあげないと、皮膚環境が悪くなり、抜け毛が多くなります。もし愛犬の抜け毛が多いようでしたら、飲食物を扱っているお店に行く前段階として、ブラッシングを習慣としてやってあげましょう。

また、抜け毛防止のために、わんちゃん専用の洋服も準備しておくと◎愛犬との特別なお食事シーンを演出できますし、抜け毛対策までできます。また、体温調節を助ける素材でつくられたお洋服を選んであげると、体調管理もできるため、一石三鳥ですよ。

トレーニングをする

他のお客様やわんちゃんのいる環境は、とても刺激的です。ゆえに、意図せずとも興奮状態になってしまうこともしばしあるかもしれません。かといって、カフェはあなただけの場所ではありません。必ず、迷惑をかけないように注意を払う必要があります。

そのためにも、基本的な“おすわり”や“まて”をトレーニングし、習得させましょう。ほかのお客様に迷惑をかけないようにするのは、お互いに快適な時間を過ごすために重要です。

※ちなみに、“わん”と吠える芸を教えるのはあまりオススメしません。なぜなら、「“わん”と言わないとごはんをもらえない」と思い込んでしまうからです。すると、カフェでのお食事の際にうるさくしてしまう可能性があります。ですので、普段から「静かに待っているとごはんがもらえる」ということを覚えさせておきましょう。


 


今回は、【店員目線】として、ぜひオススメしたい5つの準備をご紹介させていただきました。抱いていた疑問や不安は、解消できましたでしょうか?

大切な家族と記念すべきカフェデビューをするためにも、参考にしていただけたら幸いです◎