うしすけ ブログ

Blog

シニア犬との暮らしを楽しみたい方へ◎今日からできるお散歩術3選

シニアの年齢になってくると、お散歩にあまり行きたがらなくなってしまうわんちゃんは結構多いですよね。高齢に伴い、うまくからだを動かせなくなってしまう子も多いでしょう。

飼い主様からすると、若いころはあんなにもしっぽを振って、お散歩を喜んでくれていたのに…とすこし寂しい気持ちにもなってしまいます。ですが人間と同じく、わんちゃんも年をとります。老いることを真摯に受け止め、付き合っていくことが大切です。

ではなぜシニアになると散歩に行きたがらなくなってしまうのか。その理由と、高齢に伴いうまく歩けなくなってしまったわんちゃんとお散歩を楽しむための方法3選をご紹介させていただきます。


歩くのが難しくなってしまった理由

お散歩に行きたがらない理由は、大きく分けて2つあります。それは「心的」なものと「身体的」なものです

わんちゃんは言葉が話せないゆえに、なぜお散歩に行きたがらないのか、原因を見つけ出すのがとても難しいです。

では、具体的にはどのような理由があるのか。以下の3つの原因が主に挙げられます。


  • お散歩への好奇心の低下

もともとわんちゃんは好奇心旺盛な生き物です。社会性も豊かであるため、自らお散歩に行きたがる子はかなり多いです。

その一方で、個々の性格によっては、内向的でお散歩があまり好きではない子もいます。それが若いうちから改善できず、ずっとお散歩が好きになれないことがあります。また、年を追うごとに外への興味が薄れてしまう子もいるようです。


  • 高齢化により、からだが痛い

もともとお散歩がだいすきだった子でも、年を重ねるにつれて体にガタが来てしまい、ついにはお散歩に出かけるのが億劫になってしまったりします。特に、若い頃から過度に運動をしてしまうと、後々になって関節を痛めたりしてしまうのです。

ちなみに私が飼っていた愛犬も、後ろ足の関節が弱くなり、うまく散歩が楽しめなくなってしまいました…。

お散歩を嫌がる他にも、足を引きずっていたり、患部を触られるのを嫌がったりしている場合は、炎症を起こしている可能性があります。疑わしいようでしたら、速やかに病院などを受診しましょう。


  • 病気にかかっている

普段から元気がなかったり、動くのが辛そうなわんちゃんは、なにか病気にかかっている可能性があります。その場合は、無理にお散歩に連れ出すことはせず、病院に連れて行ってあげましょう。

*なにか違和感を感じた場合は、とにかく病院で診断をしてもらいましょう。もし獣医師さんなどから許可がおりたようでしたら、からだに十分配慮しつつ、お散歩に連れて行ってあげましょう。


高齢で歩くのが難しくなったわんちゃんとの、お散歩の楽しみ方

歩けなくなってしまったわんちゃんは、お散歩に行かなくていいのでしょうか…?それは、わんちゃんにとって良いことではありません。なぜなら、ずっと家に閉じこもった生活は、脳に対しての刺激が著しく低下してしまうからです。すると、ストレスの発散がうまくできなくなり、場合によってはになってしまうこともあります

反対に、外に出るだけでも脳が刺激されて、老化を防止する作用があります!そのほかにお散歩によってどのような効果があるのか、詳しく知りたい方は、愛犬の健康を維持するために必要な「お散歩」のお話◎の記事をご覧ください。

では、歩けなくなってしまったわんちゃんと、どのようにお散歩を楽しめばいいのでしょうか?その方法を3つご紹介させていただきます◎


  • 抱っこひも(スリング)を使用する

小柄のわんちゃんでしたら、からだ全体を包めるような抱っこひもスリング)を利用することをオススメします*抱っこひもは、ペットショップや通販で簡単に手に入ります。腕の中に納まることで、お互いに安心してお散歩を楽しむことができます

ただ、態勢によっては負担をかけてしまう可能性もございます。使用する前に、獣医師さんなどに相談してみましょう


  • ペットカートを使用する

中型・大型犬のわんちゃんや、多頭飼いのわんちゃんは、ペットカートの利用をおすすめします◎

ペットカートには、わんちゃんを乗せる荷台はもちろん、お散歩バッグをかけるフックなども付属しているため、とても便利です。飼い主様の負担が軽減されるため、快適なお散歩時間を過ごせるでしょう。また、操作も簡単で小回りがきくため、ストレスフリーで楽しめます。


  • 家のお庭や、近くの公園で過ごす

休日や、すこしのんびりしたい日は、お庭や公園で一緒に過ごしてみてはいかがでしょうか?

例えば芝生やちょっとした草花に触れ、土のにおいを嗅ぎ、あたたかな太陽を浴びる…すると、五感をめいいっぱい使って、外の空気感を楽しむことができます。五感は脳に結びついているため、わんちゃんにとって良い脳のリフレッシュとなるでしょう