うしすけ ブログ

Blog

今日から愛犬も歯磨き好きになれる◎習慣にするための5ステップ

わんちゃんは基本的に、歯磨きを苦手とする子が多いです。ブラシを近づけるだけで嫌がってしまう子もいますし、そもそも口周りを触られたくない子もいます。私が飼っていたわんちゃんも、口を触られるのがとっても苦手な子でした…。

かと言って歯磨きを怠ると、歯周病口臭の原因になってしまいます。わんちゃんに健康的に生活してもらうためには、毎日のケアが必要です。

ということで今回は、わんちゃんに歯磨きを好きになってもらうためのコツをご紹介したいと思います◎

あわせて読みたい記事
愛犬の歯、大丈夫?わんちゃんが歯磨きをすべき4つの理由◎


そもそもなぜわんちゃんは歯磨きが苦手なの?

歯磨きにリベンジするたびに失敗してしまうと、飼い主様も途方に暮れてしまいますよね。ではなぜわんちゃんは歯磨きが苦手なのか、はたまたなぜ苦手になってしまうのか…。その理由をご紹介します。


  • わんちゃんの口は“急所”

わんちゃんの口は「マズル」と言われるもので、ここは急所に当たります。なので、口を触られたり掴まれたりするのが苦手なわんちゃんはとても多いです。場合によっては「危険!」と認識され噛みつかれる可能性もあります。そのくらいお口周りを触られることに敏感なんです。


  • 叱られると思っているから

過去に歯磨きをしてあげようと思ったときに、じっとしてくれないからと、つい叱ってしまったことはありませんか?それをキッカケに、歯磨きに対してマイナスなイメージを抱いてしまうわんちゃんは、とっても多いです。

もし嫌がられてしまった場合でも、決して怒らないようにしましょう


  • 歯ブラシが原因で痛い思いをしたから

わんちゃんの歯磨きをすると、歯ブラシをつい強く当ててしまうことがあります。場合によっては、歯ぐきから出血してしまうことも…。力加減が弱いとあまり磨いた気がしませんし、難しいところですが十分注意が必要です。

痛い思いをさせないために、試しに手の甲にブラシを当て、力加減を知っておくといいでしょう。


歯磨きの慣れさせ方

  • Step1:口を触られることに慣れさせる

まずは何と言っても、口を触られることに慣れてもらわなければいけません。なので、まずはマズル付近に優しく触れることからはじめましょう。

撫でているあいだお利口さんにできたら、しっかり褒めてあげましょう。褒めることで、マズルへの抵抗が少しずつ薄まります。むしろ“良いこと”なんだと理解してもらえるかもしれません。もし言葉で褒めるだけだとうまく伝わらないようでしたら、愛犬の好きなおやつを与えてあげましょう。

※マズル付近を触られるのは、それが苦手なわんちゃんにとってストレスとなる可能性があります。練習は短時間で済ませましょう。


  • Step2:歯を触られることに慣れさせる

口周りを触られることに慣れてきたら、次は歯を触ってみましょう。まず唇をぺろんとめくります。次に指を歯ブラシに見立てて、最初はちょん、と触ってみます。それができたら、表面をなぞるように触ってみます。うまくできたら、いっぱい褒めてあげましょう。

※マズル付近と同じように、口内を触られるのはわんちゃんにとってストレスとなる可能性があります。練習は短時間で済ませましょう。


  • Step3:歯磨きシートを使う

触られることに慣れてきたら、いよいよ歯磨きです。

最初のうちはペットショップやドラッグストア、通販などで簡単に手に入る“歯磨きシート”を活用しましょう。

使用方法は(商品の梱包袋の裏側に記載されていると思いますが)、まずシートを指に巻き付けます。このとき、途中で外れることのないようしっかり巻き付けましょう。そしたら、それを歯ブラシのように歯に当て、磨いていきます。

はじめのうちは、前歯や犬歯のみでとどめておきましょう。少しずつ慣れてきたようでしたら、奥歯まで磨いてあげましょう。


  • Step4:歯ブラシに慣れさせる

このステップにたどり着くまで、かなりの時間がかかった子も多いかもしれませんね…!ここまでお疲れ様でした…!ですがここからが本番です。歯磨きシートに慣れたら、ついに歯ブラシに慣れさせていきます!

まずは、歯ブラシに興味を持ってもらうところからです。においを嗅いだりしてもらい、危害を加えるものではないことを理解してもらいましょう。慣れてきたら、ブラシ付近におやつを置いたり、味のついた歯磨きペーストを舐めてもらうのもいいでしょう。

とにかく、歯ブラシが“危険なものではない”ということを理解してもらいましょう。


  • Step5:歯ブラシで歯を磨いてあげる

ブラシに慣れたら、いよいよ歯磨きです。このとき、無理やり入れ込むようなことはせず、優しく口を開いてブラシを入れていきます。

磨き方は、前歯から奥歯に向かって進めるのが基本的です。特に奥歯は、食べ物を噛むときにいちばん使う部分で汚れも溜まりやすいので、しっかり磨いてあげましょう。
またブラシは横方向に細かく動かすことで、汚れをしっかり落とすことができます。力加減には、十分注意しましょう

上手にできたら、いっぱい褒めてあげてください◎


歯磨きは、焦らずゆっくり習慣づけさせよう

苦手なことは何度も繰り返して行わないと、なかなか上達しません。それは、わんちゃんも一緒です。

もし歯磨きを嫌がったとしても、決して焦らないでください。無理やり行うこともしないでください。慣れるまでどうしても時間がかかってしまうものなので、ゆっくりと焦らず習慣づけるのがいちばんの近道です◎


遊び感覚でやることで、はやく習慣づけることができるかも◎

毎日のようにする歯磨き。せっかくならわんちゃんに楽しんでほしいですよね。そのためにも、まずは飼い主様がニコニコと楽しそうにしているといいかもしれません。また、わんちゃんお気に入りの歯磨きジェルまたは歯磨きペーストを使って、“おやつ感覚”で楽しんでもらうことで、いい気分転換になるかもしれません。

とにかくいっしょに楽しく歯磨きを行うことで、はやく習慣づけることができるかもしれません*