うしすけ ブログ

Blog

【フード解説Vol.3】ウェットタイプの特徴とメリット・デメリット

ウェットフードは、わんちゃんを飼っている方なら誰もが知っているフードです。最近はスーパーやドラッグストアなどでも、何種類ものウェットフードが販売されています。

ということで今回は、ウェットフードの特徴と、メリット・デメリットそれぞれをご紹介したいと思います。最後にまとめとして、どんなわんちゃんにウェットフードを食べてもらいたいかもお話しております◎


ウェットフードの特徴

ウェットフードとは、水分含有量が約75%のものをいいます。

主に、品質保持のために殺菌された状態の缶詰めやレトルトパウチに、密封保存された状態で売られています。最近は、チューブ状のも人気ですよね。


ウェットフードのメリット

 

  • 食事と一緒に水分補給ができる

先ほど述べたように、ウェットフードの約75%が水分でできています。お食事をしながら水分補給も一緒にすることができるため、多くの飼い主様から喜ばれています。

例えば、夏バテ予防や、普段あまり水分補給をしてくれないわんちゃんの健康管理にぴったりなフードとなっております


  • 素材ならではのうまみが強く、嗜好性が高い

ウェットフードの原材料は、主に「畜肉」が使用されております。もともと肉食動物であるわんちゃんに、とても喜ばれるお味となっています。

さらに、ウェットフードはにおいが強く、嗜好性がとても高いため、多くのわんちゃんに愛されるようにつくられています。年齢や季節問わず、わんちゃんが楽しめるフードと言っていいでしょう。


  • 消化にいい

水分量が多いウェットフードは、噛まなくても大丈夫なほど液状なものも多く、それらはからだの中でも分解されやすいです。ドライタイプのフードを食べるとき、あまり噛まずに早食いしてしまうわんちゃんに合っているでしょう


  • 食べやすい

ウェットフードは、何といっても食べやすいです!あまり噛まずに食べられますし、そこそこ粘土があったとしても簡単にほぐれるものが多いです。

ライフステージに合わせた商品も充実しているため、パピーからシニアまで、全年齢のわんちゃんに食事を楽しんでもらえるよう工夫が施されているのです


  • 低カロリー

水分量が多いため、カロリーはかなり低めです。一般的な総合栄養食のウェットフードは、ドライフードの約1/4のカロリーしかないものもあります

普段の食生活の乱れや運動不足で、ちょっぴり大きく成長しすぎてしまったわんちゃんに向いているかもしれませんね。体重が増えすぎると、骨の細いわんちゃんに大きな負担をかけてしまうので、そうなる前にウェットフードで管理してあげるといいでしょう。

水分量が多いため、少ない量で満腹感を得られる効果もあります◎まさにダイエットの味方です!


ウェットフードのデメリット

  • 歯に汚れが付着しやすい

ねっとりした質感が特徴なウェットフードは、歯につきやすいです。もし歯に食べ物が付着したままで放置されると、歯石として蓄積され、さらに悪化すると歯周病を起こしてしまう可能性があります。

ウェットフードを与えた後は、歯ブラシなどのケアが必要不可欠と言えるでしょう


  • 添加物が使用されている

ウェットフードの多くには、ねっとりした質感を実現するために増粘剤という添加物を使用しているものが多いです。その他にも、品質を維持するための防腐剤が使用されているものもあります。

わんちゃんに与える場合は、添加物にまで気を配ってあげることで、健康的な毎日をサポートしてあげることができます。その他にも、毎日ではなく低頻度で与えるなどして工夫してあげましょう


  • 値段が高い

畜肉を贅沢に使っている商品や海外からの輸入品が主流なため、ウェットフードはやや値段が高い印象があります。栄養価が高いものはそれ以上に値段が張るため、毎日使いや、多頭飼いの飼い主様にはちょっと大変かもしれません…。

スーパーなどでお得に買える日を狙って、他の利用者様に迷惑がかからない程度に備蓄しておくことで、すこしは経済的にも助かるかもしれませんね(笑)


  • 栄養価が低いものも多い

最初にも述べたように、ウェットフードの約75%は水分でできています。つまり栄養のある部分は、残りの25%しか得られないということです。

わんちゃんの栄養不足が気になる方は、総合栄養食と記されたものを選びましょう。場合によっては栄養価の高いドライフードと併用して栄養を補うのもいいかと◎


  • 開封後の保存期間が短い

ウェットフードは基本的に殺菌を施された容器に密閉されているため、開封前は驚くほど長期保存ができます。ものによっては約2.3年程度持ちます。

しかし1度開封してしまうと、開封した当日もしくは2.3日以内に使い切らなければいけないものがほとんどです。なぜなら、水分量が多いため傷みやすく、さらに空気に触れることで酸化が進んでしまうのです。

もし傷んだごはんをうっかり食べさせてしまったら…わんちゃんの内臓に負担をかけてしまう可能性があります。しっかり賞味期限は守り、安全な食事を徹底しましょう。

無理なく経済的に、かつ安全なお食事を与えたいのであれば小さめの缶詰タイプのものや1回で使い切れる個包装タイプのものを選びましょう。


まとめ① 成犬のわんちゃんにはドライフードと混ぜて与えよう!

ドライフードは、安価に栄養を補えることができるため、まさしく飼い主様の味方です。一方で、ドライフードの食いつきがよくないわんちゃんは意外と多いのが正直なところです。

そんなわんちゃんには、ドライフードとウェットフードを混ぜて与えることで、食いつきのいい、かつ栄養価の高い食事を実現することができます!ぜひ、毎日の楽しい食事に、トッピング感覚で与えてみてはいかがでしょうか?

ドライフードに適度な噛み応えがあるため、成犬のわんちゃんのアゴを衰えさせない効果もありますよ◎


まとめ② 愛犬のカロリーサポート時に取り入れよう!

低カロリーなウェットフードは、わんちゃんの体型維持のために、短期間のみ取り入れるのもいいかもしれません。ただし、ウェットフードは食べやすいゆえに、習慣化してしまうとドライフードなどを食べなくなってしまう子もいます…。あくまで合間に取り入れることで、健康維持をサポートしてあげましょう。


まとめ③ ご褒美に与えるのもおすすめ!

嗜好性が高いものの、やや値段が張るため、「どうしてもお財布のひもが緩まない…」という方は多いのではないでしょうか?私も、同じ考えです(笑)そんな私と同じような方は、たまにのご褒美に取り入れてあげてはいかがでしょうか?美味しいご褒美で、わんちゃんとの仲がより深まるかもしれませんよ!



嗜好性が高く食べやすいため、わんちゃんから人気を誇るウェットフード。

栄養価が低いものも多々ありますが、ドライフードのトッピングとして使うことで、解決することができます。その他のデメリットも、工夫次第では解決できることばかり◎

ぜひ、わんちゃんがどんな時でも食事を楽しめるよう、無理なく取り入れてみてはいかがでしょうか!きっと、いつもの食事の満足度が高まること間違いなしです。