うしすけ ブログ

Blog

ペットの死は克服するものではない。死を受け入れる大切さについて

いつかは訪れる、わんちゃんの死。私も、愛するわんちゃんとの別れを何度か経験してきました。その度に、こんなにも涙はとめどなく溢れるものなのかとびっくりするくらい泣きました。家族を失うと、心に、途方もなく大きな穴ができます。

飼い主様の中には、「辛くてどうしようもない…」と倦怠感を抱いたり、心を閉ざしたくなってしまう方がいるかもしれません。現実から目をそらしたくなる気持ち、とてもわかります。

そんなあなたに、わんちゃんの死を受け入れることの大切さについてお話させていただきます。あなたの悲しみに、少しでも寄り添えますように。


わんちゃんとの死別で起こること

わんちゃんとの死別を経験すると、飼い主様にも変化があります。

  • 心の状態が不安定になる

わんちゃんとの死別は、飼い主様にとって大きな衝撃を与えます。想像以上にショッキングです。わんちゃんの老化に伴い覚悟していたとしても、はたまた事前に余命を聞いていて準備をしていたとしても、膨大な悲しみと絶望感が襲ってきます。

もし突然の事故や病気でわんちゃんを失くしてしまった場合、特にパニック状態になってしまうことが多いです。私も突然の死別を経験し、パニック状態となった1人です。そのあとに襲ってくる罪悪感や嫌悪感に押しつぶされそうになる感覚も知っています。


  • 場合によっては、うつ病に発展することも

心が不安定となり、うつ病になってしまう飼い主様も少なくありません。飼い主様にとってわんちゃんとの生活はかけがえのないものだったはずですから、うつ病になっても無理はありません。

うつ病になった場合、以下のような状態となることが多発します。いくつか当てはまる場合は、1人で抱え込むのではなく、周囲の人を頼りましょう。

●心的状態:深い落ち込み・喪失感・パニック・後悔・罪悪感・怒り・憎しみ・感覚鈍麻・無気力・絶望感・希死願望など
●身体的状態:めまい・頭痛・過呼吸・倦怠感・胸や胃の痛み・頭痛・関節痛・睡眠障害・摂食障害・幻聴・幻覚など


わんちゃんの死を受け入れるということ

ここからは、わんちゃんの死を受け入れるための思考方法をお伝えいたします。微力ではございますが、あなたの前にある道を少しでも照らす力になりますように。


  • 死別での心の乱れや悲しみは、愛情があったからこそ

うつ病になってしまう前に、どうかこの考え方を胸に閉まっておいていただきたいです。それは、「今悲しんでいるのは、家族であるわんちゃんを愛し、大切に想っていたから」ということです。つまり、悲しみとは愛があったからこそ生まれるものなのです


 

  • 悲しみを忘れる努力はいらない

わんちゃんを失った悲しみを忘れようと、何か他のことに没頭しようと藻掻(もが)く方は多いです。ですが、それは一時的な現実逃避であり、根本的な死を受け入れることはできません。

先ほども述べたように、悲しみとは愛情があったからこそ生まれるものです。だからこそ、悲しいならば思いっきり悲しみましょう。たくさん泣きましょう。辛いかもしれませんが、だからと言って忘れていい感情ではありません。むしろ、その悲しみを忘れないでほしいです。


  • 失ったものより、与えてもらったものを見つけよう

私は、この考え方でわんちゃんの死を受け入れられました。生きるということは、「どれだけ人に与えられ、それを与えることができるか」が大切です。私たちは、家族や友人など周囲の存在に大きく影響され、さまざまなことを与えられます。ですが、与えられ培ったものを1人で固持しつづけるだけでは、世界が広がりません。だからこそ、私たちは人へ人へと伝えます。

一緒に暮らす中で、わんちゃんは私たちにさまざまな瞬間を与えてくれます。ふとした仕草や眠っている顔を見てほっこりする瞬間。散歩に行って一緒にはしゃぐ瞬間。辛いことがあって泣いているときは隣に寄り添って、涙を舐めてくれて、ほっとした瞬間もあったでしょう。

これからはその瞬間を、あなたが大切な人に与える側になりましょう。私たちの人生は、共に過ごしたすべての人との瞬間瞬間で出来ています。だからこそ、わんちゃんに与えてもらった幸せと同等のものを、周りにいる大切な人たちに与えられるような存在になりましょう。この思考で生活することで、わんちゃんは常にあなたの中に生き続けます。


  • 家族や友人と、思い出話をしよう

家族や友人と一緒に、わんちゃんとの思い出話をしてみてはいかがでしょうか?私も家族と、わんちゃんとの思い出話を何時間もしました。時には写真を見ながら、「この表情可愛いね~」と言いながら話しました。

もしわんちゃんを失ってしまったとしても、一緒に暮らしてきた時間は確実にあったはずです。その日々を愛おしむことで、わんちゃんの死を受け入れることができるかもしれません。

誰かと一緒に話すことで、思い出だけではなく気持ちも共有できます。悲しみも愛おしさもすべて共有することで、感情が心にうまく納まるようになります。



わんちゃんとの死別は、果てしなく悲しいものです。辛くて逃げ出したくなることもあるでしょう。ですがどうか、わんちゃんが与えてくれた想いを忘れないでください。これからは、わんちゃんに与えてもらった想いを、あなたとあなたの大切な方の人生に生かしてください