うしすけ ブログ

Blog

愛犬を熱中症から守る!準備したい対策から、もしもの対処法まで

夏が近づいてくると、わんちゃんの熱中症が気になりますよね。もしわんちゃんが熱中症になった場合、人間と同じように重症化すると命に関わる可能性もあります。そのため、真夏がやってくる前にきちんと対策をしないといけません。

ということで今回は、わんちゃんの熱中症の症状から対策、さらには体調を崩したときの対処法についてお話いたします。早めに準備をして、万全な体制で夏を乗り切りましょう!


熱中症とは?

 

熱中症とは、簡単に言うと“暑い環境下で起こる健康障害”です。気温や湿度の高い環境下にいることで、体温調節ができなくなり発症します。場合によっては命に関わることもある、大変恐ろしい障害です。


わんちゃんは、人間以上に熱中症になりやすい!

実は、わんちゃんは人間以上に暑さに弱い生きものです。その理由は、わんちゃんの身体の構造にあります。


  • 体温調節が難しい

わんちゃんは、体温調節を主に舌で行っています。よく、舌を出して「ハアハア」と呼吸しているシーンを見たことがあると思います。その行動は“パンティング”と呼ばれています。わんちゃんは汗腺が肉球の裏にしかないので、人間のように汗を大量放出して体温を下げることができません。そのため、パンティングをして唾液を蒸発させることで、体温を下げているのです

舌を出すことでしか体温調節がうまくできないとも言えます


  • 散歩時の体感温度

わんちゃんは身体が小さいため、アスファルトとの距離が近くなってしまいます。そのため、アスファルトに吸収された熱の照り返しを受けてしまい、体感温度が私たちより5~17℃も高いんだとか!よって、わんちゃんの熱中症リスクが高まるのです。


わんちゃんの熱中症の主な症状

わんちゃんとは会話ができないため、どうしても飼い主様が目で見て気づいてあげる必要があります。では、わんちゃんの熱中症はどのような症状が現れるのか。わんちゃんが以下のような状態の場合、熱中症の可能性があります。

●軽度の熱中症
・呼吸が荒くなる(パンティング)
・足がふらつく
・ぼーっとしている
・唾液を垂らしている
・呼びかけへの反応が遅い

●重度の熱中症
・ぐったりしている
・嘔吐
・下痢
・舌や歯ぐきが青に変色
・粘膜が白い
・痙攣(けいれん)
・失神


わんちゃんの熱中症対策

ここからは、わんちゃんを熱中症から守るための方法をご紹介いたします。ぜひ以下のことを参考にして、ひと夏を乗り切ってください!


  • 夏は基本的にエアコンをつけっぱなしにしよう

夏は、できる限りエアコンをつけっぱなしにするのをオススメします。室内だからと言って甘く考えていると、いつの間にかわんちゃんがバテてしまっていることも少なくありません。なぜなら、先ほどもお話したように、わんちゃんは体温調節が苦手です。一生懸命パンティングしても、身体のほとんどが被毛で覆われていますし、熱がこもってしまうのです

「冷房代が心配…」と思うかもしれませんが、あなたのわんちゃんの命はお金で買うことができません。ポジティブに捉えて、冷房を有効活用しましょう。


  • 常に新鮮なお水を飲めるようにする

わんちゃんのパンティングについて先ほどお話させていただきましたが、唾液を蒸発させるということは、その分わんちゃんの身体から水分が奪われているとも言えます。そのため、水分をより摂る必要があります。

いつでも水分補給ができるよう、常に水分を摂れる環境を整えてあげましょう。毎朝きれいで新鮮なお水を準備するのを日課にすると◎お散歩時に、お水を持ち歩くのもお忘れなく。水分補給をすることで、体内から体温を下げる効果が期待できます!


  • 昼間のお散歩は避ける

気温やアスファルトの温度が高くなる日中は、お散歩を控えましょう。アスファルトの表面温度は、高いとき約60℃まで上昇します。そんな道をお散歩したら…熱中症の前に、肉球を痛めてしまいます

もしお散歩に連れて行くとしても、外に出る前に必ず天気や気温を確認しましょう。最近は、熱中症の危険性がある日は、環境省から熱中症警戒アラートが発令されますので、それを随時確認するのもより安心です。


  • グッズを活用する

最近は、ペットショップや通販サイトで、簡単に暑さ対策グッズを手に入れられるようになりました。接触部分がひんやりとする冷感マットやペット服なども多く取り扱われています。お値段もお手頃なものが多いので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

暑さ対策グッズではありませんが、留守番時の見守りカメラもオススメです。外出時にいつでもわんちゃんの状態を見ることができるので、もしものときに便利です。


もしも熱中症になってしまったら…

ここからは、熱中症になってしまったときの対処法・応急処置をご紹介いたします。病院へ連れていくだけでは、手遅れになってしまうこともあります。以下のことを実践し、応急処置をすることで、わんちゃんが助かる確率はとても上がります。


  • 日陰や涼しいところに移動させる

もし、少しでも熱中症の危険性があるようでしたら、速やかに日陰や涼しいところに移動させましょう。タオルなどで扇ぎ、わんちゃんの身体に風を当てるのも効果的です。


  • 身体を冷やしてあげる

わんちゃんの体温が41℃を越えた場合、熱中症の可能性が高いです。その場合は、身体を冷やしてあげましょう。氷をすぐ準備できる環境なら、氷をタオルでくるんだものや、ビニール袋に氷と水を入れ、氷のうを作りましょう。それを首や脇の下、腹部、腿の内側、など比較的太い血管が通っている個所に当ててあげましょう

それと同時に、脳が熱くなりすぎると神経細胞が悪くなってしまうため、頭のてっぺんを冷やしてあげるといいでしょう

室内で熱中症が起こった場合は、流水をわんちゃんの身体にかけてあげましょう。このとき、間違っても氷水をかけてはいけません。身体が寒くなりすぎると心臓に負荷がかかりますし、かえってわんちゃんの体調を崩す原因となります。体温を下げるとしても、わんちゃんの平均体温39℃以下にならないようにしましょう。


  • 意識がない場合は動物病院へ

以上の応急処置をしてもわんちゃんの体調が戻らない、もしくは意識がないようでしたら、とにかく動物病院に連れて行きましょう。その際、気道をふさがないために舌を外に出してあげましょう

熱中症の対処は時間との勝負ですので、事前に電話を入れておくことで、病院側もスムーズに対応することができます◎



熱中症は、重症化してしまうと命に関わることもある、大変危険なものです。普段から予防・対策を心がけ、わんちゃんに快適な生活を送らせてあげましょう◎