うしすけ ブログ

Blog

わんちゃんは香水が苦手?一緒に素敵な香りを楽しむ方法をご紹介

普段から香水をつけて生活している方は多いと思います。好きな香水を身に纏うと、気分もリフレッシュされますし、背筋がピンとなりますよね◎

その一方で、わんちゃんは香水が苦手な子が多いです!あまりにもにおいが強いと、わんちゃんに嫌われてしまう原因にもなります…。

ということで今回は、わんちゃんが香水を苦手とする理由をお話いたします。


そもそも香水とは?

一般的な香水とは、香料をアルコールに溶かした液体のことを言います。固形の練り香水なども多く販売されており、主に身体やお洋服につけて香りを楽しむことができます。

香水は、種類により濃度や持続時間もそれぞれ異なります。例えば、よく聞くコロン(オーデコロン)は、濃度が5~10%とかなり控えめなにおいで、持続時間は1~2時間と言われています。一方でパルファン(パルファム)は、濃度が15~30%とかなりにおいが濃いため、持続時間は5~7時間と言われています。


香水が苦手なわんちゃんが多い理由

香水をつけたとき、わんちゃんが「クシュン!」とくしゃみをしたことはありませんか?ふれあうのを拒否されたことがある…なんて方もいるかもしれませんね。私のわんちゃんも、香水をつけているときは何だかよそよそしかったです(笑)

では、なぜわんちゃんは香水が苦手なのでしょうか?理由を見てみましょう。


  • わんちゃんの嗅覚が敏感だから

わんちゃんは人の100万倍もの嗅覚をもっていると言われています(※諸説あります)。これは、においを100万倍濃く感じるというわけではなく、100万分の1に薄められたにおいでも嗅ぎ分けられる能力がある、ということです。

そのため、どれだけ香水のにおいが薄まっていたとしても、わんちゃんにとっては濃いにおいとして認識されています。たまに出先で人とすれ違ったとき、香水のにおいがきつい人がいますよね。そのときと同じように、香水をつけて時間が経った(ある程度においが薄まった)状態だとしても、わんちゃんは「きついにおいだなあ」と感じているのかもしれませんね…。


  • 人工的なにおいだから

香水に使われている香料は、人口的につくられたものが多いです。つまり、わんちゃんにとって香水は未知の香り私たちは香水を楽しむことができますが、わんちゃんにとっては異臭と判断されるため嫌悪されやすいのです

香水以外に、マニキュアや整髪剤などの人口的なにおいも嫌悪されがちです。


  • 柑橘系のにおいは特に苦手

夏場になると、柑橘系の香水は良い気分転換となり大活躍しますよね!一方でわんちゃんは、酸味のある柑橘系のにおいを嫌悪する傾向があります。食材に例えると、レモンやミカンなどが当てはまります。

実は、わんちゃんにとって酸味のあるにおいは腐った食べものと認識されやすいんです!そのため、柑橘系のにおいは特に嫌悪されがちです。


  • 刺激的なにおいも苦手

香水の中にはスパイシー系と言われるものがあり、ピリッとした刺激的なにおいが特徴で、主に男性に好まれやすいです。しかし、わんちゃんにとっては鼻が痛くなるほどの刺激臭なのです

その他に、お酢などの刺激臭もわんちゃんはとても苦手です。


わんちゃんは飼い主様のにおいが好き

わんちゃんは、香水をつけていない飼い主様本来のにおい(体臭)がとっても大好きです!普段から嗅ぎ親しんでいるため、安心するのでしょう。中には、飼い主様のお洋服や普段使っているタオルに包まるのが好きなわんちゃんもいます。


わんちゃんと楽しめる香水もある!

実は、わんちゃん専用の香水があることをご存知でしょうか?こちらは、自然由来の香料を使用しているためにおいも控えめですし、さまざま効果も期待できます!


  • わんちゃん専用香水の効果とは?

先ほども述べたように自然由来の成分が使用されているため、わんちゃんにも好まれやすい優しいにおいとなっております。また、わんちゃん特有の体臭をおさえる効果も

中には、を寄せ付けない効果のある香水もありますので、お散歩時にも有効活用できるでしょう


  • 飼い主様も一緒に楽しめるものも!

わんちゃん専用の香水の中には、飼い主様も一緒に楽しめるものまであります!わんちゃんのために香水を躊躇しているけど、ほんとうは香水を身に纏いたいというあなたは、ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか?