うしすけ ブログ

Blog

【お悩みの方必見】わんちゃんの習性であるマーキングは改善できる!

マーキングは、本能的に備わったわんちゃんの習性です。その一方で、人と共存していくためには、きちんとトレーニングをしないと思わぬトラブルが発生してしまうこともあります…。

ということで今回は、わんちゃんがマーキングをする理由と、その改善方法をご紹介いたします!


マーキングとは?

マーキングとは、自分のにおいをつけて「ここは自分の縄張りだ!」と主張するための排泄行為のことです。もしかしたらトイレと勘違いしている方がいるかもしれませんが、実はまったくの別物です!トイレと異なり排尿量は少なくできるだけ足を高くあげるのが特徴です

足を高く上げる理由は、わんちゃんが「自分は大きくて強い!」と他の犬に主張したいからだそう


男の子だけじゃない?

マーキングと聞くと、男の子のわんちゃんがするイメージがありますが、女の子のわんちゃんもします!女の子の場合は発情期にすることが多く、室内で見られやすいです。


マーキングをしてしまう理由

「お外だからマーキングしても問題ない」と思うのは、誤った考え方です。きちんとトレーニングをしないと癖づいてしまい、してほしくないタイミングで突然粗相をされてしまうことにも繋がってしまいます…。

きちんとトレーニングをするためにも、わんちゃんがマーキングをしてしまう根本的な原因を探ってみましょう。


  • 安心感を得たい

わんちゃんは縄張りを主張することで、安心感を得ようとしている説がかなり有力です!人もそうですが、自分だけの居場所は落ち着くものです。


  • 自分がいちばん強いと思っている

マーキングをする場所と言えば、電柱や街路樹あたりが思い浮かびますよね。私のわんちゃんはあまり縄張り意識が強くありませんでしたが、いつも電柱あたりをクンクンと嗅いで興味を示していました!お外でのマーキングは、他のわんちゃたちへ自分の強さをアピールしたい証拠です。

もし、家の中でも頻繫にをするようになったらかなり要注意な状態です!わんちゃんが飼い主様に対して信頼を寄せていない証拠だからです…。飼い主様の立ち位置がわんちゃんより下にあると、何かわんちゃんに危険が及んだときに指示を聞いてくれないことも…。


  • ストレスが溜まっている

もしわんちゃんとの信頼関係が築けているにも関わらずマーキングをするようなら、それはストレスが原因となっているかもしれません。

例えば、引っ越しなどによる環境の変化や飼い主様とのコミュニケーションが不足すると、そのストレスから頻繫にマーキングをしてしまうようになります。また、女の子の場合はホルモンバランスの乱れによるストレスが主な原因です。


今日からできる!マーキングを改善する方法

ーキングは1度癖づくとなかなか改善が難しいです…。手遅れになる前に、すぐさま以下のことを実践しましょう!


  • トイレの場所をきちんと覚えてもらう

これは大前提ではありますが、わんちゃんにトイレの場所を覚えてもらいましょう。トイレシートなどで上手にトイレができたら、おやつなどもあげながら褒めることで「この場所でトイレをすると良いことがある!」と学習してくれます。


  • お散歩時は常にリードを短く持つ

わんちゃんは、お散歩時にマーキングをすることが特に多いです。癖をつけさせないためにも、お散歩時のトレーニングは決して欠かせません。

トレーニングするときは、リードを短く持つことが大切です。ある程度わんちゃんの行動 を引率することで、電柱などに興味関心を抱かせないようにしましょう。もし、電柱付近で足を上げてそうになった時にきちんと我慢できるよう「まて」を覚えてもらうことも大切です◎


  • 去勢・避妊手術を行う

男の子のわんちゃんは、男性ホルモンにより群れのリーダーになりたい欲求が強いため、マーキングを行うことで自分を強く見せたがります。癖になる前に去勢手術をすることで、縄張り意識を軽減させましょう。

先ほどもお話しましたが、女の子のわんちゃんもホルモンバランスの乱れによりマーキングをしやすいです。避妊手術することで、ストレスが軽減するでしょう◎


  • 消臭グッズを活用する

わんちゃんは、自分のにおいがある場所に何度もマーキングをする習性があります。そのため、排尿のにおいが残っているとなかなかマーキングがなおりません。もしそれがカーペットなどの上だったら…においが残ると余計に困ってしまいます。

再発を防ぐためにも、排尿のにおい除去に特化にした消臭グッズを活用しましょう!ホームセンターやドラッグストアなどで簡単に購入することができますよ◎


  • おでかけ時に気になる場合は…

ペットカフェや室内ドッグランを利用した際のマーキングは確実に回避したいところです。もしおでかけ時に気になるようなら、マナーウェアの着用をオススメします!

このとき、使用済みのマナーウェアをずっと着けたままでいると、蒸れて皮膚炎を発症することがあります。こまめに新しいものに変えて、清潔に保ちましょう


  • ストレスを取り除く

ストレスによるマーキングの場合は、その原因を改善してあげることが大切です。もし、なかなかコミュニケーションがとれていないなら、愛情不足によるストレスかもしれません…。時間に余裕があるときで構いませんので、撫でたり遊んだりしてわんちゃんとふれあう時間を設けましょう。

あまりお散歩に行けてない場合は、運動不足の可能性もあります!わんちゃんは身体を動かすことが大好きですので、時には外で思いっきり運動させてあげましょう。


  • 信頼関係を築くことがいちばん大切

わんちゃんとの生活において、信頼関係はとても大切です。お互いに大切に想い合うことで幸福度も高まりますし、ストレスのない生活に繋がります

マーキングの改善のためだけではなく、お互いのよりよい共生のために、強固な信頼関係を結べるようきちんとコミュニケーションをとりましょう。