うしすけ ブログ

Blog

実は病気かも…?わんちゃんがいびきをかく理由と対策を解説

わんちゃんのいびきを聞いたことがある飼い主様は多いかと思います。気持ち良く熟睡しているのかな?と思ってしまいますが、実は病気にかかっている可能性も…。

今回は、わんちゃんのいびきについて、考えられる理由と飼い主様ができる対策方法について解説していきたいと思います。


わんちゃんがいびきをかく理由と対策法

わんちゃんのいびきをかく理由の前に、まずはいびきのメカニズムについて知っておきましょう!わんちゃんのいびきは特殊なものではなく、私たち人間と同じ仕組みです。

いびきが起こる原因は、気道(空気が肺に届く道)が狭くなることにあります。人間もわんちゃんも口や鼻で呼吸をします。吸い込まれた空気は、気管を通って肺に届けられるメカニズムです。

気道の広さが充分にあると何の支障もなく肺に届きますが、気管にトラブルがある場合は気道が狭くなり、空気が振動します。その振動が「グーグー」「ガーガー」といった呼吸音に。この呼吸音こそがいびきの正体です。


【わんちゃんのいびきの理由その1】肥満

太っているわんちゃんは、喉の周りにも脂肪がつきます。脂肪がついた気道が狭くなってしまうのが原因で、スムーズに呼吸できなくなり、いびきにつながってしまいます


肥満によるいびきはダイエットを始めよう!


肥満は、いびきだけではなく万病の元でもあります。重くなった体を支える足が弱ったり、心臓にも負担がかかります。

肥満の原因は、食べ過ぎ運動不足によるものが多いです。食事制限はご飯の量を控えめにしたり低カロリーのフードに切り替えるなどの対策方法を。また運動量を増やす方法として、ドッグランなどに連れて行ってあげることをオススメします。


【わんちゃんのいびきの理由その2】環境

タバコの煙やホコリは、わんちゃんの鼻の粘膜に刺激を与えてしまいます。すると、粘膜を守ろうとして鼻水が多く分泌されます。そうなってしまうと、鼻からの通り道が狭くなり、いびきが起こりやすくなります。


環境によるいびきは換気ができるキレイな部屋作り


まず、わんちゃんがいる部屋は必ず禁煙にしてください。タバコに限らず、お部屋の芳香剤などもできる限り使用を控えましょう。空気の入れ換えが可能な部屋ならよりGOOD!わんちゃん用に空気清浄機の設置をするのもオススメです。

それ以外にも、こまめに部屋の掃除をしましょう。特にわんちゃんは全身が被毛に覆われているため、ホコリなどを身体につけて部屋に持ち込んでしまいます。きちんと掃除をして、清潔な環境を整えてあげましょう。

また、無理な姿勢で寝ると呼吸しにくくなる場合もあります。わんちゃんがのびのび寝られる大きさのベッドを用意してあげるといいでしょう。


【わんちゃんのいびきの理由その3】病気

肥満でもなく空気のキレイな住環境なのにいびきをかく場合は、病気の可能性が考えられます。

気管にトラブルがある気管虚脱や軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう:呼吸がしにくくなる先天的な病気)といった呼吸に関する病気の他に、気管に腫瘍ができていたりアレルギーを起こしている場合もあります。


早めに病院を受診してあげましょう


病気の可能性があるときは、早めに病院へ連れて行ってあげましょう。症状によっては、投薬だけでなく手術が必要な場合もあります。


【わんちゃんのいびきの理由その4】犬種

短頭種と呼ばれるわんちゃんたちは、よくいびきをかきます。短頭種のわんちゃんは鼻が短い顔立ちが特徴的ですが、鼻以外に気道も短くて狭い構造になっています

他の鼻の長いわんちゃんと比べて、いびきをかきやすい犬種なのです。


快適な環境を作ってあげよう


短頭種のわんちゃんには、できるだけいびきをかきにくい環境を作ってあげましょう。キレイな空気の部屋はもちろんのこと、ベッドも重要です。わんちゃんが比較的いびきをかきにくい体勢は、仰向けよりも軽く背中を丸めた状態と言われています。わんちゃんがうつ伏せで軽く背中を丸めてスッポリ収まるくらいのジャストサイズがオススメです。

また短頭種のわんちゃんは、併せて暑さも苦手です。夏のシーズンは部屋の温度やお散歩時間などにも気をつけてあげてください。


こんないびきは気をつけて!

原因が分かっているいびきの他に、次のようないびきにはご注意ください。何らかの体調不良が考えられます。

病院へは、いびきの音声を録ったものを持っていくことをオススメします

●突然いびきをかくようになった
今まで静かに寝ていたわんちゃんが、急にいびきをかくようになる。
●いびきの音が大きくなった
以前より明らかに大きいいびきをかく。
●不規則ないびき
途中でひっかかったり、止まるようないびき。
●起きているときのいびき
日中、起きている間もいびきのような音を発する。



わんちゃんのいびきは「私たちと同じことをするんだ!」と思わせる生理現象のひとつです。普段おとなしいわんちゃんが豪快ないびきをすることもあり、微笑ましく思う飼い主様もおられるのでは?

そんないびきでも、実は重篤な病気が原因である可能性もあります。重症化する前に、早めに病院で診てもらいましょう!

また、いびきは不完全さで起こる現象なので、わんちゃんにとっても安眠ができていないかもしれません。しっかり睡眠が取れないことで、より体調が悪くなることも…。きちんと対策をして、睡眠環境を整えてあげましょう◎

●ライター:子安知保
●編集:うしすけチーム