うしすけ ブログ

Blog

わんちゃんの性格が形成・変化するタイミングっていつなんだろう?

わんちゃんも、人と同じようにそれぞれ性格があります。性格は、生まれながらの先天的なものもあれば、生活の中で形成される後天的なものもあります。と、ここで疑問がひとつ。後天的な性格は、どのようなタイミングがいちばん強く影響しているのでしょうか…?

ということで今回は、わんちゃんの性格が形成されやすいタイミングについてご紹介いたします!


どのタイミングが性格に影響を及ぼすのか

人の場合は、0~6歳が人格形成期と言われています(※諸説あり)。では、わんちゃんはどのタイミングがいちばん性格に影響を与えるのでしょうか?詳しく見てみましょう!


  • 社会化期(生後約4~13週間)

わんちゃんの性格を形成するうえで特に大切なのが、社会化期です。個体差があるものの、一般的な社会化期は生後4~13週間と言われています。

わんちゃんの脳には、扁桃体(へんとうたい)と言われるものがあり情動(感情の動き)に対しての処理を決める部位のことを言います。例えば、あるものを見たときに「これは危険だ!」と反応することを記憶する場所です。この扁桃体が未成熟かつ未形成であるため、社会化期はとても重要だと言われています

社会化期は、外への好奇心や、他のわんちゃんや人間への興味多く見られることが特徴です。この時期の暮らし方で、性格は一気に形成されますので、どれだけ外界と関われるかで社会性も変化してきます◎飼い主様とどれだけスキンシップをとれるかも大きく関係してくるでしょう。


  • 反抗期(生後約12週間~12か月)

こちらもまた犬種や個々によって差がありますが、生後約12週間~12か月は、わんちゃんの反抗期と言われています。今まで出来ていた「おすわり」などができなくなったりすることがあります。

また、好奇心旺盛だった社会化期に比べて、反抗期は周囲への警戒心が多く見られるのが特徴です。また、縄張り意識が芽生え、飼い主様との関係を崩そうとする行動をとったりします…。

ここでの関わり方を誤ってしまうと、反抗的な性格になってしまうだけではなく、信頼関係に溝ができる危険性もあります。時には厳しく、時には優しく接していくことが大切です。


  • おうちに家族としてやってくるタイミング

家族としてやってきた直後の対応は、今後のわんちゃんの性格に大きな影響を及ぼします。厳しく当たると、神経質なわんちゃんになやすいですし、反対に甘やかしすぎると、ワガママなわんちゃんになりやすいです…。

まずは、引き受ける際に経由するペットショップや保健所、ブリーダーさんに、どのような性格のわんちゃんなのかきちんと確認しておきましょう。特に保健所やブリーダーさんのお宅にいたわんちゃんは、ある程度の性格形成が済んでいるわんちゃんが多いです。

ただ、生活する環境が変わるという一種のストレスは、わんちゃんに大きな影響を与えます。そのため、飼い主様の接し方ひとつで、わんちゃんの性格が変化することがあると知っておきましょう。そして、できるだけその子の性格を尊重できるように接してあげましょう◎


  • シニア期

実は、シニアのわんちゃんは性格が変化しやすいと言われています。わんちゃんは、加齢につれてさまざまな身体のトラブルが発生するようになってきます。すると、若い頃ならできていたことが、なかなか出来なくなってしまいます。

一見、ワガママに見えてしまうかもしれませんが、これはある意味当たり前の変化です。身体のトラブルはわんちゃんにとってストレスとなり、時には大きな不安や恐怖を抱きながら生活するわんちゃんもいるのです。もし性格が変化したとしても、きちんと受け入れてあげましょう◎


衝撃的な体験も、わんちゃんの性格に関係する!

以上でお話した4つのタイミング以外でも、衝撃的な体験をしたときは、わんちゃんの性格に影響を与えます!とてもショッキングな出来事、はたまた感動的な出来事は、いい意味でも悪い意味でも鮮烈に記憶に残るものです。


飼い主様や住んでいる環境、体験により性格は形成される!

 

先天的な性格はなかなか変わらないものですが、後天的な性格は日々の暮らしの中で培われ、形成されます。特に、いちばん近い存在である飼い主様が影響します!そのため、社会化期などはわんちゃんと一緒にふれあう時間を大切にし、トレーニングなども積極的に行いましょう。飼い主様の接し方により、その後のわんちゃんの社会性は大きく変わるのです。

また、人やわんちゃんなど、さまざまなものとふれ合う時間をつくることも大切です。ただし、「これはいい、これはダメ」と教えてあげることを忘れずに。無暗にふれ合ってしまうと、誤った認識を与えてしまい問題行動に発展してしまいます…。

メリハリのある生活を心がけて、わんちゃんとよりよい信頼関係を築きましょう