うしすけ ブログ

Blog

わんちゃんのうんちに血が混じっている?血便の原因と予防・対処法とは

◎獣医師執筆◎

わんちゃんが毎日するうんちは、飼い主様がわんちゃんの体調変化を知るのにとても良い指標の1つです。一般的に、こげ茶色などのうんちが健康的であると言われていますが、時にうんちに血が混じっていることが…!いわゆる“血便”です。血便の原因はさまざまなものが考えられます。

ということで今回は、わんちゃんに血便が起こってしまう原因と、対処法、さらには普段からできる予防法をお伝えします。


血便の見分け方

わんちゃんが血便をしてしまった場合、どのようなうんちになるのでしょうか?その色と様子で、どこから出血が起きてきているのか大まかに把握することができます。


  • 赤い血液が混じっている、もしくは付いている場合

赤い血液がついている場合は肛門の近く、大腸や直腸から出血を起こしている可能性が高いです。時にわんちゃんは、繰り返し下痢をするとうんちを渋るようになり、腸の粘膜が傷ついて表面だけに赤い血が付着することもあります。

赤い血液は、時間が経つと少しずつ黒くなっていきます。赤に近いけれど少し黒っぽい場合は、大腸の奥の方の出血が疑われます。


  • うんち全体が黒くなっている場合

うんち全体が真っ黒鉄のような匂いがする場合、タール便と言われる血液を含んだ便である可能性が高いです。真っ黒になる場合、身体の上の方で出血が起こっていることが疑われます。口の中や食道、胃、小腸などが傷つくと真っ黒なうんちが出ます。


血便になってしまう原因

どのような時に血便が起きてしまうのでしょうか?原因を見てみましょう。


  • ストレス

住んでいる場所が変わった、新しいわんちゃんを迎えた、来客があった、遠方に出かけたなどのわんちゃんが今まであまり経験してこなかった出来事があったとします。そんな時、わんちゃん自身は楽しんでいるように見えても、実はストレスを抱えていることが多々あります。ストレスでの血便は、下痢を繰り返した後で起こることが多いです


  • ウイルス・細菌性感染など

わんちゃんも人と同じように感染症によって血便を起こしてしまうことがあります。特にパピーの頃は、ワクチン接種が終わっていない時期にウイルス性の感染症にかかると大量の血便をしてしまうことがあり、時には命に関わる危険な状態になることもあります


  • 寄生虫

わんちゃんに虫が寄生してしまった場合、胃腸炎を起こして吐いたり下痢をしてしまうことがあります。その時、一緒に血便が見られることがあります。そのほかにも、寄生虫の種類によっては直接腸の粘膜にかじりついて出血を起こさせる寄生虫もいます。


  • 腫瘍

肛門の近くにポリープ(できもの)がある場合、排便時に赤い血が出てしまうことがあります。また、食道や胃にある腫瘍から出血が見られた場合、黒っぽいうんちが確認されます。


  • その他の病気

その他にも、自分の免疫がうまく働かなくなることで血を固められなくなってしまう自己免疫疾患アレルギー疾患熱中症などが血便を起こしてしまう病気として挙げられます。


血便を起こさないために日頃からできること

血便を起こす原因の中には、日頃の心がけで防げるものもあります。わんちゃんが血便をしてしまう可能性をできるだけ減らすためにどのようなことができるでしょうか?


  • ストレスのかからない生活を心がける

わんちゃんもそれぞれ性格があるため、環境の変化に強い子もいれば、弱い子もいます。楽しいはずのわんちゃんを連れた旅行で体調を崩してしまう子もいます。うちの子は環境の変化に敏感だなと思う場合は、なるべく落ち着いた環境で過ごせるよう気を配ってあげるといいでしょう


  • ワクチンを接種する

血便を起こす原因の中に、感染症によるものがあります。全ての感染症を防げるわけではありませんが、年に1度のワクチンを病院で受けることで、ウイルス性の一部の感染症を予防できます。予防できる感染症は、いずれも掛かった場合に重篤な症状を起こしやすいものばかりです。ワクチンの受け忘れがないようきちんと注意しましょう。


  • その子に合ったごはんを見つける

わんちゃんにごはんが合っていない場合、頻繁に軟便を繰り返し、その結果血便を起こしてしまうことがあります。食事による血便は、繊維質の多いごはんや消化に優しいごはんに切り替えることで、状態が良くなることがあります

動物病院では消化系の療法食の提案も行っていますので、悩んだ時は動物病院ご相談ください。


どんな時に病院に行くべき?

実際におうちのわんちゃんが血便を起こしてしまったとき、どのような状況ならすぐ病院に連れて行くべきなのでしょうか?


  • 赤い血液がついている場合は、長く続くようなら病院へ

赤い血液がついている、または混じっているものは、軽度に引き攣れが起こっているだけのことも多いです。もし血便をしていても食欲があり、次の排便で出血がないようなら、そのまま様子を見ましょう。

ただし、しばらくの間続くようなら必ず病院を受診しましょう


  • ワクチン未終了のパピーやシニアのわんちゃんが血便したとき

ワクチンの終わっていないパピーシニアのわんちゃんは、免疫力が低下しているため様子を見ている間にどんどんと病気が進行してしまう可能性があります。様子を見ずに早めに病院で検査を受けると良いでしょう


  • 黒い血便は様子を見ずにすぐ病院へ

少しでも黒い血液がついている、または全体的に黒い血便が出たら、身体の内部で出血が起こっている可能性が極めて高いため、すぐに病院を受診する必要があります。様子を見ることもせず、とにかく急いで病院へ…


  • 血便以外に症状がある場合

血便以外にも、下痢嘔吐震え食欲不振などの症状が一緒に起こっている場合は、原因をはっきりさせるため早急に病院を受診しましょう。少量の血便から始まったのに徐々に血の量が多くなってしまうことありますので、出血の症状を軽く見て重大な病気を見過ごさないように気をつけましょう


病院に行く時にはうんちを持参しよう

血便で動物病院を受診することになったら、うんちを持参していきましょう。うんちを見て出血の程度を確認したり、寄生虫の検査をすることができます。うんちの量は小指の第1関節くらいの量があれば十分です。新しいうんちは情報量が多いので、なるべく受診日に取れたうんちを持参するようにしてください



今回は、わんちゃんの血便について解説いたしました。血便は重たい病気の可能性を持つ症状の1つですので、少しでも異変を感じたら動物病院を受診して検査をしてもらうようにすると安心です

また、血便の症状によっては家庭での改善が難しい状況も多いため、日頃からの予防がとても大切です。健康的な生活を送るためにも、今回の記事が飼い主様のお役に立つと嬉しいです◎

●ライター:いぬかい ゆうみ
獣医師の資格を保有
●編集:うしすけチーム