うしすけ ブログ

Blog

闘っているの…?わんちゃんが掃除機に吠える理由と改善・対策法

一家に一台ある掃除機ですが、「掃除機をかけるとわんちゃんが吠えてしまう…」とお困りの飼い主様はかなり多いのではないでしょうか?私が一緒に暮らしていたわんちゃんも、掃除機をかけるたびに一生懸命吠えていました…!その吠え方はまさに敵との闘いそのものでした(笑)

では、どうしてわんちゃんは掃除機に対して吠えるのでしょうか?理由と改善・対策方法を詳しく見てみましょう。


わんちゃんが掃除機に吠える理由

何も、わんちゃんは何の理由なしに掃除機に吠えているわけではありません。きちんと理由を把握することは、改善を促すためにも大切なことです。まずは「なぜわんちゃんが吠えてしまうのか」を理解しましょう。


  • 恐怖心による防衛本能

吠える原因として特に多いのは、掃除機に対して恐怖心を抱いているケースです。掃除機はわんちゃんより背丈が大きく、なおかつ大きな音を出しながら動きます。それに対して「怖い!」という感情を抱くことで、“吠える”という威嚇につながっているのです。つまり、防衛本能が働いているのです


  • 社会化が不十分

初めて掃除機を見たわんちゃんは、「なんだこれ!」と違和感を抱き吠えることがありますが、時間が経つにつれて慣れることで、掃除機への態度が変化していきます。

しかし、社会化が不十分だと、いくら時間が経っても慣れるのが難しいことがあります。環境の変化や、掃除機などの異なる環境に対して、いつまでも“順応”できないのです。


  • 嫌な経験があった

掃除機の音に驚かされたり、吠えているとき飼い主様に怒られた経験のあるわんちゃんは、特に「ワンワン」と執拗に吠えるようになってしまいます。中には、掃除機を噛んだりするわんちゃんもいるんだとか…。


  • トレーニングをしないまま習慣化した

わんちゃんが掃除機をかけるたびに吠えていると、飼い主様によっては諦めモードになってしまうこともあるかもしれません。注意してもなかなか改善されないと、飼い主様も困ってしまいますよね。

しかし、その諦めこそが、吠えることの習慣を促しているかもしれません…。早めに対策をしないと、吠えることが癖づいてしまい、わんちゃんだけでなく飼い主様にもストレスがかかってしまうかもしれません。


掃除機に慣れるためのトレーニング法!

では、どうすれば掃除機に吠えないようになるのでしょうか?ここからは、掃除機に慣れてもらうためのトレーニング法をご紹介いたします。


【Step1】掃除機の存在に慣れてもらう


先ほどもお話したように、わんちゃんは慣れないものを目にすると興味を抱くものの恐怖心も抱きます。掃除機はわんちゃんより大きい存在なので、興味より恐怖心が勝つと“吠える”という行動につながってしまいます

そのため、まずは掃除機という存在に慣れてもらうことが大切です。その第一段階として、電源が入っていない状態でにおいを嗅がせてみましょう。「掃除機はわんちゃんに危険を与えるものではない」と理解してもらうことが大切です。


【Step2】動きに慣れてもらう


少しずつ距離が近づいても大丈夫になってきたら、電源を入れていない状態で動かしてみましょう。このとき、最初はきちんと距離をとって動かします。吠えないようなら少しずつ距離を縮めていき、掃除機という存在に安心してもらいましょう。


【Step3】音に慣れてもらう


わんちゃんが掃除機を怖がる理由として多いのが、掃除機のモーターや吸引による大きな音です。ウィーンと勢いよく出る音が、わんちゃんの恐怖心を増大させるいちばんの問題なのです

そのため、掃除機の動きに慣れたとしても、いちばん威力の弱い設定から慣らしていきましょう。少しでも吠えてしまうようなら、遠くの距離から慣れてもらうのもいいかもしれません。隣の部屋から掃除機の音だけを聞かせるのも◎

ここまで慣れることができたら…実際にお掃除をしてみましょう!驚かさないよう、ゆっくり丁寧に動かすことを心がけましょう。


トレーニングは短時間で行おう

掃除機のトレーニングをするときは、1日の中でもできるだけ短時間で済ませるようにしましょう。目安としては、10~15分程度がベストです。長時間のトレーニングはストレスになってしまうので、焦らず期間をかけて慣らしてあげましょう


決して叱らないこと

もし掃除機に吠えたとしても、決して叱らないようにしましょう。先ほどもお話しましたが、わんちゃんが掃除機に吠える理由としていちばん多いのが、“怖いから”です。怖いから吠えて自分を防衛しようとしていたにも関わらずそれを叱られてしまうと、よりネガティブな印象を抱いてしまう原因となります

中には、叱られたことを理解できず「構ってもらえた!」と誤って学習してしまうこともありますので、吠えているときは決して構わないことが大切です。


おやつも活用しよう

トレーニングをするときに、おやつも一緒に活用しましょう。少し距離が近づいた状態でも吠えたり噛まないようなら、「お利口さんだね」と褒めながらご褒美のおやつを与えましょう。これを繰り返すことで、「吠えない=いいことがある!」と学習しますし、トレーニングもストレスなく行えます◎



いかがでしたでしょうか?

わんちゃんによって吠える理由はさまざまですので、まずは観察をして「なぜ吠えてしまうのか」を理解しましょう。そして、時間をかけてゆっくりと掃除機に慣れさせてあげましょう◎

どうしても難しいようなら、コロコロハンディ式クリーナーの利用もオススメです◎コロコロは見た目が小さいため、吠えられることはかなり少ないです。ハンディ式クリーナーは、背丈があるものの音が発生しないため、比較的わんちゃんも慣れやすいです。

お互いにストレスフリーで生活するためにも、ぜひ参考にしていただければと思います!