うしすけ ブログ

Blog

急に起こったらどうしよう?わんちゃんの“てんかん”との付き合い方

◎獣医師執筆◎

わんちゃんのてんかんとは、けいれん発作が繰り返し起こる病気のことを指します。てんかんには身体がピーンと張りけいれんを起こすものや、全身がガクガクとけいれんするものまで、さまざまな症状の表れ方をします。初めて見るときはどのてんかんであっても動揺してしまうものです。

てんかんは、残念ながら治すことができません…。しかしながら、お薬と上手に付き合っていくことで、発作を抑えて普段通りに生活をすることができます。ということで今回の記事では、てんかんの仕組みと付き合い方をお話いたします。


てんかんはどうして起こるの?

てんかんとは脳の慢性的な病気で、繰り返し起こる発作を主な症状とします。脳に異常がみつからないのに起こる特発性てんかんと、脳に異常があって起こる症候性てんかんに分けられます。症候性てんかんは、1歳未満と6歳以上に多く見られます。

症候性てんかんの原因となる疾患の一例
●脳出血
●脳梗塞
●水頭症
●髄膜種 など…

特発性てんかんは、実のところなぜ起こってくるのかはっきりとした原因がわかっていませんが、特発性てんかんは1~5歳に多いです。

また、わんちゃんがてんかんを発症する確率は、日本で約1〜2%ほどと言われています。てんかんになりやすい犬種はビーグルやダックスフンド、プードル、シェルティー、シェパード系、レトリバー系などが挙げられます。


発作とはどのようなものなの?

てんかんの主な症状は、身体をピーンと伸ばしたり全身をバタバタとさせる発作です。その他にも、口だけをパクパクとさせる動きや、足だけがブルブルするなど、身体の一部だけに症状が出ることもあります。てんかんの症状だと気付きにくいこともありますので、発作を見落とさないように注意が必要です。

発作が起こっているのか判断に迷ったときは、動画を撮影しておくと診断の助けになります。普段と違うわんちゃんの様子を見るとつい動揺してしまいがちですが…動画のおかげで救われる命があります。できるだけ落ち着いて撮影をしてあげてください。


てんかん発作が起こったらどうする?

もし発作が起きてしまったときは、抱き上げたり揺すったりはせず落ち着いて様子を見てあげてください。発作を起こしているとき、周りの物にぶつかりそうなときはクッションやタオルを置いて身体をぶつけないように注意します。発作を起こしているときに無理やり手を出すと噛まれてしまうこともあります。口周りには特に気をつけましょう。

発作は、基本的に数分以内に収まります。発作が収まるまでは近くで様子を見守ってあげましょう。数分で発作が止まらない場合はそのまま様子見をせず、すぐ動物病院に連れていくようにします。


起こりやすい時期やタイミングがある?

わんちゃんによっては、てんかん発作の起こりやすいタイミングが見られることがあります。例えば、気圧の変化が生じた、家のチャイムが鳴ったなど、タイミングはさまざまです。てんかんを事前に防ぐためにも、発作の起こった日の天気や、その時の状況を記録しておくといいでしょう


お薬との付き合い方

脳に異常があって起こる症候性てんかんが発覚した場合は、原因となった疾患の治療をします。もし検査で異常が見つからない特発性てんかんの場合は、抗てんかん薬というお薬を使用します。この際に注意していただきたいことは、お薬はてんかんそのものを治してくれるわけではないということです。しかし、発作の回数や症状を軽くする効果が期待されています。

お薬は症状をコントロールするのに大きな役割を担っているため、症状が出なくなったからといって勝手にやめたり、飲むのを忘れたからといって1回に2回分飲むことはできません。必ず毎日欠かさずに飲ませてあげてください

お薬を飲んでいてもコントロールが難しくなった場合は、途中からお薬の量や種類を変えなくてはいけない場合もあります。お薬が発作を抑えるのに十分効いているかは、一般的には血液検査で確認します。定期的な検査が必要になる病気ですので、かかりつけの獣医師の指示に従いましょう。


てんかんと上手に付き合おう◎

今回は、てんかんについて解説いたしました。特発性てんかんはお薬を使わなかった場合、発作回数が増えることで命に関わってくることもあります。しかしながら、うまくお薬を使っていくことで発作を最低限に抑え込み、いつも通りの生活を送ることができます

飼い主様にも大きな不安とストレスを抱えてしまいますが、多くのケースでうまく付き合っていくことが可能な病気です。発作のコントロールは獣医師と飼い主様のお互いの協力が不可欠ですので、困ったことや不安なことは何でも相談をして、わんちゃんの生活を守ってあげましょう。

●ライター:いぬかい ゆうみ
獣医師の資格を保有
●編集:うしすけチーム