うしすけ ブログ

Blog

わんちゃんのトレーニングに最適なおやつの特徴と効果的な使用方法を解説◎

◎ドッグトレーナー資格保有者執筆◎

コマンドなどを使用したトレーニングは、わんちゃんとのコミュニケーションツールとなるだけでなく、信頼関係を築く上でも大切です。そんなトレーニング時に、ご褒美としておやつを与えることが一般的ですよね。

今回は、トレーニングで使うおやつの効果やおすすめの種類、上手な使い方をお話しいたします。


わんちゃんのトレーニングについて

わんちゃんのトレーニングにはオペラント条件付けというものが使われます。

オペラント条件付けとは、報酬もしくは嫌悪的な刺激があることで、自発的に学習をする行動理論です。この条件付けには、ご褒美などの強化刺激を与えて行動が増える正の強化、罰などの嫌悪刺激を与えて行動が減る正の弱化、嫌悪刺激をなくして行動が増える負の強化、強化刺激をなくして行動が減る負の弱化の4パターンがあります。


  • トレーニングで使うおやつの役割を知ろう!

以上でお話したオペラント条件付けに当てはめると、おやつを使ったトレーニングは正の強化に当たります!

わんちゃんは、嬉しいことや嫌なことという感情を基準に物事を関連付けて記憶していきます。おやつをもらえることはわんちゃんにとって嬉しいこと。おやつは、わんちゃんに教えたい特定の行動を効果的に強化する役割があると言えるのです!


  • 集中力やモチベーションアップの効果も!

おやつは、普段の食事として食べているフードより嗜好性が強く、わんちゃんに好まれやすいです。おやつを使ってトレーニングをすれば、わんちゃんに喜んでもらえるだけではなく、集中力モチベーションも上がり、教えたいことを覚えてもらいやすいです

また、おやつに興味を持つわんちゃんが多いので、教えたい動作を誘導する時に役立ちます!


どのタイミングで与えるべき?

おやつは、与えるタイミングがとても大切です。トレーニングで教えていることをわんちゃんが上手に学習できたら、すぐにおやつを与えてあげましょう。できれば、3秒以内に与えるのが好ましいです。「この動作をしたからおやつをもらえた」と理解してもらう必要があるからです。

時間が経ってからおやつをあげても、わんちゃんは何故おやつをもらえたのか分からなくなってしまうので気を付けましょう。


オススメのおやつについて

  • 嗜好性バツグンなおやつ

わんちゃんは、味覚を感じる味蕾(みらい)という器官が人よりも少ないことをご存知ですか?実はわんちゃんが好むのものは、味よりも匂い食感が強い食べ物です。水分が多く含まれているものは匂いが強いためわんちゃんが好む傾向にあります。お肉のような弾力のあるおやつもわんちゃん好みといえるでしょう。わんちゃん用のチーズや柔らかいジャーキーはのど越しも良いのでオススメですよ◎

 

  • ペロっと食べられるサイズのおやつ

トレーニングでおやつを使う時は回数を多くあげることになります。そのため、おやつは小さいものにしてください。小指の爪の先くらい小さくて大丈夫です!大きなおやつは細かく切っておくと良いでしょう。


  • 肥満防止に!低カロリーのおやつ

おやつが大好きなわんちゃんは多いでしょう。与えれば与えるだけ食べてしまいます。わんちゃんも食べ過ぎてしまうと肥満になりかねません。なるべく低カロリーのおやつを選んであげてください。


  • 安心安全な無添加おやつ

トレーニングでは何度もあげるおやつ。わんちゃんのために保存料や甘味料など添加物が含まれていないおやつをあげたいですね。アレルギーがあるわんちゃんには、手作りのおやつがオススメです。


おやつを活用するにあたっての注意点

  • おやつの頼りすぎには注意!

おやつに頼りすぎてしまうと、わんちゃんが指示の意味を正確に覚えることができなくなってしまったり、おやつがないと指示を聞かなくなったりする恐れがあります。さらに、おやつの与えすぎで太ってしまうことも…。


  • おやつから他のご褒美に切り替えよう!

トレーニング時におやつへの依存を防ぐためにも、おやつ以外のものを強化刺激にしていきましょう。わんちゃんがおやつ以外に喜ぶことは、飼い主様から褒めてもらうことや撫でてもらうことが挙げられます

はじめのうちはおやつを与えると同時に褒めたり撫でたりしてあげてください。飼い主様もニコニコ笑顔で褒めたり撫でたりするとわんちゃんも喜んでくれますよ◎撫でることで興奮してしまうわんちゃんには、トレーニングに集中してもらうため、褒め言葉だけを使うと良いでしょう。

おやつなしで指示を聞くことができるようなってもらえれば、わんちゃんと良好な関係を築くことができます◎


トレーニング終了時におやつを与えると◎

おやつ以外のご褒美でトレーニングができるようになったとしても、トレーニング終了時にはご褒美としておやつをあげると良いでしょう。トレーニングを日常的に行う際、わんちゃんのモチベーション維持につながります



今回はおやつを使ったトレーニングについて解説いたしました。トレーニングでおやつを上手に使えば、わんちゃんのモチベーションや集中力UPにつながります。トレーニングで一番大切なのは、わんちゃんも飼い主様も楽しむこと。そのサポートとしておやつを使ってくださいね。おやつのあげすぎには注意して、楽しくトレーニングをしていきましょう!

●ライター:とりすき あかね
ドッグトレーナーの資格を保有
●編集:うしすけチーム