うしすけ ブログ

Blog

【初心者向け】わんちゃんの爪を切るタイミングと適切な切り方をご紹介!

わんちゃんの日頃のお手入れとして必要な爪切り。しかし、爪を切るとなると「出血させてしまったら…」と心配もあり、なかなか怖くてできない…という飼い主様も多いですよね。

今回は、そんな爪切り初心者さんに読んでほしい、わんちゃんの爪を切るタイミングや適切な切り方をご紹介いたします◎


わんちゃんの爪切りについて

わんちゃんも人と同じように爪が伸び続けます。爪が伸びたままになってしまうと爪が折れてしまったり、肉球に刺さったりしてわんちゃんの怪我につながることも…。健康的な毎日を送るためにも、定期的に爪切りをしてあげる必要があります。


爪を切るベストなタイミングはいつ?

適切な爪切りのタイミングは月に1回程度です。

爪の伸び方は、わんちゃんの生活スタイルによって変わります。お散歩によく行くわんちゃんであれば、地面で爪が削れて伸びにくい傾向にあります。運動量が少ないわんちゃんは爪が削れにくいので、歩いているとき床に当たってカチャカチャと音が鳴りはじめたら、カットするタイミングだと言えるでしょう。

爪が伸びにくいわんちゃんでも、月に1度は長さを確認するようにしましょう。


用意するもの

わんちゃん専用の爪切り止血用のコットン止血剤を用意しましょう。爪切りはギロチンタイプとハサミタイプがあります。個々のわんちゃんの爪の大きさや硬さに合わせて適切な爪切りを選びましょう。また、初心者さんは爪やすりもご準備するといいでしょう◎


  • オススメは、ギロチンタイプ!

初心者さんにオススメなのは、ギロチンタイプです。サロンや動物病院などでも使われていて、比較的どの犬種の爪にも対応でき、素早く切ることができます。 ただ、使い慣れていないと血管が分かりにくいという欠点があります。また、爪を切る時に「バチン!」という振動がわんちゃんに伝わりやすいため、ギロチンタイプの爪切りを嫌がる子もいます。

ハサミタイプは、超小型犬やパピーなど、爪が小さくて柔らかいわんちゃん向けになります。 血管は確認しやすいですが、少し扱いづらい印象です。


  • 爪やすりは、出血が心配な飼い主様向け

爪を切る際、尖った角を落とす作業があります。基本的にはギロチンタイプなどのハサミがあればできるのですが、「血管がわからなくて爪切りで角を落すと出血が心配…」という飼い主様でしたら爪やすりを準備しておくと安心でしょう◎

ただ、やすりは「ギコギコ」する振動がわんちゃんに嫌がられやすいです。また、わんちゃんの爪の角を落すのに時間がかかるという点が欠点もあります。わんちゃんが爪やすりを受け入れてくれるようであれば出血するリスクが減らすことができます。


お家で実践してみよう!基本的な爪の切り方

 

わんちゃんの爪切りはお家でも簡単に行うことができるので、以下の手順でぜひチャレンジしてみてください!


【Step1】わんちゃんを保定する


わんちゃんを四肢で立たせて爪切り中に暴れないように保定しましょう。このとき、声をかけて落ち着かせながら保定するのがポイントです。強い力で押さえつけるとストレスになりますので、優しい力加減を心がけることが大切です◎


【Step2】肢を持ち上げて爪が見えるようにする


爪を切りたい肢を地面から少し離すイメージで後ろに曲げるように持ち上げます。このとき、肉球を軽く押し上げるようにすると爪が見えやすくなります

無理に引っ張ったり、変な方向に持ち上げたりするとわんちゃんが嫌がりますので、十分に注意してくださいね。


【Step3】血管を確認し、爪を切る


わんちゃんの爪の中には血管があります。 透明な爪をしている場合はピンク色の部分が血管です。血管の少し上に爪切りを当てて切 っていきましょう。

爪が黒くて血管が見えない場合は、爪の先を2~3回に分けて試し切りしてください。最初、切断面は白いのですが、切っていくと爪の中から芯が見えます。それが血管にあたる部分になりますので、芯が見えるまで切っていきましょう。


  • 【Step4】角を落して、整えていく

1回目に爪を切ると角が出てきますので、それを整えていきましょう。血管を避けて、まるく整えていくイメージで徐々に切っていきます。

爪やすりを使って角を整える方法もあります。飼い主様が行いやすい方法で試してみてくださいね◎


狼爪も切り忘れないこと

わんちゃんの肢にはそれぞれ地面についている爪が4本あります。さらに地面につかない狼爪(ろうそう)という爪があるわんちゃんもいますので、切り忘れには注意しましょう!理想的な爪の長さは、爪が床につかない程度と言われています。


爪切りをするにあたっての注意点

爪切りが苦手なわんちゃんはとても多いですが、生活を送る上でどうしても必要なことなので、なるべく無理をさせない方法で行いたいですよね。ここからは、安全に爪切りを行ってもらうための注意点をご紹介いたします。


  • 時間をかけすぎないようにしよう

わんちゃんの爪切りは素早く行うことが肝心です。わんちゃんが大人しくしてくれる時間は短いです。時間がかかりそうな場合は、休憩をはさむ、もしくは日を改めましょう。1度に全部の爪を切ろうとせず、日ごとに切っていくのでも問題ありません


  • 出血をさせないように気を付ける

爪を切るときに血管まで切ってしまうと出血を起こしてしまいます。血管には神経が通っているため、出血するとわんちゃんが痛がってしまうことも…。

今後爪切りが嫌いになってしまう恐れもあるので、なるべく血管ギリギリまで切らないよう注意しましょう。出血しても素早く処置ができるように、近くにコットンや止血剤を用意しておくとより安心です。


褒めてあげると苦手意識が軽減されるかも◎

爪切りをスムーズに出来るよう、「爪切りをすると褒めてもらえる!」とわんちゃんに覚えてもらいましょう。爪切りの最中に声をかけて褒めてあげたり、終わったらご褒美としてわんちゃんが大好きなおやつをあげたりすると効果的です!

褒めてプラスのイメージを抱いてもらうことで、少しずつわんちゃんが爪切りに慣れてくれるでしょう◎


プロに任せることも選択肢に

動物病院やトリミングサロンでも爪切りができます。どうしても怖くてお家で爪切りが出来ない方は、無理せずプロにお任せしましょう◎



私が動物病院に勤めていた頃、「爪が上手に切れなくて…」とご相談を受けることが多くありました。爪切りはコツを掴めばどなたでも簡単に行えますが、やはり「痛がらせたらどうしよう」という不安からなのか、苦手意識を感じる飼い主様が多い印象です。

飼い主様だけでなくわんちゃんも爪切りが苦手な子はたくさんいます。実際のところ、昔一緒に暮らしていたわんちゃんも、現在一緒に暮らしているわんちゃんも爪切りがとても苦手…。

お家で爪切りが出来ない場合は、気軽にプロにお任せくださいね!「おうちでも爪を切れるようになりたい!」というあなたは、ぜひこちらの記事を参考にしていただけると嬉しいです。無理に急がず、ゆっくり少しずつ克服していきましょう!

●ライター:とりすき あかね
動物看護師の資格を保有
●編集:うしすけチーム