うしすけ ブログ

Blog

なんでだろう?わんちゃんのお腹からギュルギュル音が鳴る理由とは

◎獣医師執筆◎

横で寝ていたと思っていたわんちゃんのお腹から突然「ギュルギュル」という音がしたら、大丈夫かな?と心配になってしまいますよね。お腹からギュルギュルという音が鳴る時は、特に問題がない場合から、病気の可能性のあるものまで原因がいくつか考えられます。

今回は、日頃一緒にいるわんちゃんのギュルギュルのしくみを探ってみましょう!


どうして鳴る?お腹から聞こえるギュルギュル音

なぜわんちゃんのお腹からギュルギュルという音がするのでしょうか?

実はこの音、腸が運動している時に鳴るものです。お腹が鳴るのは必ずしも異常なことではありません。人のお腹が大きな音でグゥ〜と鳴っても病気ではないことが多いように、わんちゃんも正常な消化の途中でギュルギュルと音が鳴ることがあるんです!


病気でお腹がなってしまう時に考えられる原因は?

一方で、病気が原因でお腹が鳴っていることも時に考えられます。では一体、どのような病気が考えられるのでしょうか?


  • 胃腸炎

誰でも1度は聞いたことがあるだろう胃腸炎。主な症状として、軟便下痢腹痛嘔吐などがあります。胃腸炎は、さまざまなことが原因となって起こりますが、よくある原因は以下の通りです。

●わんちゃんがご飯の時に空気をたくさん飲んで消化不良になった
●ご飯が合わなくて腸の中でガスが発生した
●ストレスがかかった など…

胃腸炎を起こした原因がはっきりとしないことも少なくありません


  • 膵炎(すいえん)

消化液の分泌や、血糖値のコントロールを行なっている膵臓という臓器に炎症が起こってしまう病気を膵炎と呼びます。激しい嘔吐食欲不振を特徴とし、お腹の音だけで膵炎と診断されることは一般的にはありません。


  • 誤食

食べ物ではないものを食べてしまった、またはわんちゃんの身体に合わないものを食べてしまった場合、食べ物を身体の外に出そうとしてギュルギュルと音が鳴ることがあります

この際に物が詰まってしまったときは、ヨダレが出たり、嘔吐がみられることもあります。


  • 胃拡張・胃捻転

早食いや大食い、食後すぐ運動をすることで胃の中がガスでいっぱいになってしまうことを胃拡張、胃がねじれてしまうことを胃捻転と言います。この時、一緒にギュルギュルという音をさせることがあります。大型犬に多い病気ですが全ての犬種で起こり得ます。お腹が張る吐こうとしているのに吐けないという症状が一般的に見られます。

胃拡張や胃捻転は、わんちゃんの命に関わる重大な病気です。早急に病院を受診しましょう。


ギュルギュル鳴っている時にまずやってあげたいことは?

わんちゃんのお腹がギュルギュルと頻繁に鳴っている場合、まずはお腹が鳴る以外の症状がないか確認します。他の症状がなく、元気があり、食欲がある場合はそのままそっとしておいてあげましょう。正常の消化の音でなっているのであれば、ほとんどのケースで数時間〜1日程度で気にならない状態まで戻ります。


こんな時は病院に行こう!

お腹が鳴っているのとは別に、どのような症状があれば病院を受診した方が良いのでしょうか?以下のような症状がありましたら病的な理由でお腹が鳴っている可能性が高いですので、病院の受診を検討しましょう。

●下痢をしている
●嘔吐がある
●吐こうとしても吐けないでいる
●ヨダレが出ている
●元気がない
●食欲がない
●お腹を触るとキャンと鳴いたり嫌がったりする など…


症状がある場合は、いつから・どのような症状があるのか説明できるようにしておくと診察がスムーズになります。



日頃いつも一緒にいるわんちゃんだからこそ、いろいろなことが気になってしまいますよね。今回は診察中にもよく相談を受ける、わんちゃんのお腹のギュルギュルについて書かせていただきました。

確かに、下痢をしてしまっているわんちゃんの多くは診察中もお腹の音を鳴らしていることが多いですが、何も問題がないことも少なくありません。わんちゃんのお腹がギュルギュルとなった時には、その他のわんちゃんの様子と合わせて確認していくことが、体調の変化にいち早く気づいてあげることにつながるでしょう◎

●ライター:いぬかい ゆうみ
獣医師の資格を保有
●編集:うしすけチーム