うしすけ ブログ

Blog

引っ越しはストレスフル…?わんちゃんに与える影響と、その軽減方法

新しい生活が始まる引っ越しは、飼い主様にとってリフレッシュとなりますし、ワクワクとした期待感でいっぱいですよね!わんちゃんも同じ気持ちでいてくれる…と思いたいところですが、現実はなかなか厳しいもののようです。

今回は、引っ越しがわんちゃんにどのような影響を与えるのかをお話いたします!

引っ越しはわんちゃんにとってストレスなもの

引っ越しをするということは、わんちゃんにストレスを与えてしまうことであると認識する必要があります。住む家が変わり、周りの環境も変わり、お友達もまだいない…という状況はわんちゃんにとって不安そのもの。

では、どのようなことがストレスを与える原因となるのでしょうか?

  • ペットホテル

引っ越しの内容によっては、わんちゃんをペットホテルに預ける可能性があります。泊まり慣れているわんちゃんなら大丈夫ですが、初めて経験する子にとっては大変な出来事!

知らない場所で飼い主様と離れて何日間かを過ごすということが、どれだけ寂しく心細いことかを理解してあげましょう

  • 新しい家への移動

いつも行く病院やサロンくらいの距離であれば気になりませんが、遠距離への移動となると、「どこに行くの…?」と不安になってしまうわんちゃんは多いです。中には、車や電車での移動中に乗り物酔いをするわんちゃんも…。

また飼い主様ご自身が連れて行かず、引っ越し業者やペット輸送専門業者に依頼する場合も不安材料になります。

  • 家が変わる

わんちゃんは、本能的に安住できる場所を求めるものです。住み慣れた場所を離れて違う家に移るとなると…ソワソワと落ち着かなくなってしまうことがあります。特に鼻が利くわんちゃんは、自分の匂いが全くない家は不安の対象になります

さらに家だけではなく、部屋の配置や寝所まで変わるため、より不安感が増すことになります。

  • 知らない人やわんちゃんばかり

人に対しても言えることですが…仲良くしていたご近所さんやお友達わんちゃんと会えなくなり、寂しさを感じることがあります。わんちゃんは、飼い主様の想像以上にご近所の方を覚えているものです。そのため、周りが知らない人ばかりになると、きちんと違和感を覚えるのです。

引っ越しがわんちゃんに与える影響

それでは、引っ越しがわんちゃんにどんな影響を与えるのでしょうか。ここでは、引っ越しが原因で不安やストレスを抱えたわんちゃんが起こす行動をご紹介します。

●無駄吠え&夜鳴き
誰もいないのに吠えたり、夜鳴きをします。不安な気持ちでいるのでしょう。

●トイレを失敗する
今まで出来ていたトイレを失敗することがあります。ストレスが原因の他に、新しい家でトイレの場所が分からず失敗する場合もあります。

●落ち着かない&夜に寝ない
家にいてもくつろがず、部屋をウロウロ…。夜寝つけず、家中を徘徊するわんちゃんもいます。

●下痢や嘔吐
精神的なストレスは、体調にも悪影響を及ぼします。

引っ越しによるストレスの軽減方法

ここからは、わんちゃんが引っ越しによるストレスを軽減する方法などを解説していきます。

引っ越し前から実践できるものもあります!荷造りや様々な手配で忙しい時期ではありますが、愛するわんちゃんのためにも、ぜひ参考にしていただけたらと思います◎

  • 移動手段を想定してトレーニング

引っ越しをする際、わんちゃんの移動をどうするかも決めなければいけません。一般的な移動手段として、次に挙げる3パターンが考えられます。それぞれ事前にトレーニングをしておきましょう。

1.ペットホテルに預けて迎えに行く
いきなりペットホテルに預けることはできるだけ避けましょう。初めて見知らぬ所へ連れて行かれて、飼い主様にも会えない。迎えにきてもらったかと思えば、今度は見知らぬ家…二重のストレスを抱えるかもしれません。

不安を抱かさなためにも、事前にペットホテルでお泊まり経験をさせてあげてください。そうすると、わんちゃんも飼い主様がお迎えに来てくれることを認識してくれます。

2.引っ越し業者やペット輸送専門業者に依頼する
業者さんに依頼する場合、わんちゃんをクレートやキャリーバッグに入れることが必須になります。

わんちゃんは狭い場所を好むため、クレートやキャリーバッグに入ると安心感を覚えます。ただし、中にはクレートなどに入ることを嫌がるわんちゃんもいます。事前にトレーニングしておきましょう。

3.飼い主様と一緒に移動
自動車での移動なら慣れているわんちゃんも多いですが、電車やバスなどを利用するケースも。上記2と同様にクレートやキャリーバッグに入って事前に少しの距離でも電車やバスに乗ることに慣れさせておくことで、わんちゃんも落ち着いて移動することができますよ。

  • ベッドや毛布などは今使っているものを

引っ越しによるわんちゃんのストレスを少しでも軽減するため、ベッドや毛布などは今使っているものを持っていきましょう。

少しでも自分の匂いがついているものを置いてあげることで、ストレスが軽減します。お気に入りのおもちゃも、きちんと持って行ってあげましょうね◎

  • いきなりの長時間留守番はNG

引っ越しをして早々のお留守番は、わんちゃんにとって寂しいだけではなく「自分だけが連れて来られて、飼い主様がいなくなった!」と間違った認識をしてしまう可能性があります。引っ越しからしばらくは、長時間の外出はできるだけ控えてあげてください

筆者も、わんちゃんを連れての引っ越しを経験していますが、我が家は共働きで日中はお留守番です。そのため、引っ越し日は休日である土日前の金曜日にしました。

これには理由があり、引っ越しの翌日からお留守番ともなれば、「知らない家に連れて来られた!」と誤解をされかねません。金曜日に引っ越しをして土日を一緒に過ごせば、家族みんなが新しい家に来たんだと認識してくれるはず…と思ったからです!

筆者のこの予想が当たり、わんちゃんたちは無事引っ越しによるストレスもなく過ごせました。

  • お散歩は時間をかけてじっくりと

引っ越しをしたわんちゃんは、家だけでなく周りの環境にも不安を感じています。お散歩は嫌がっていない限り、わんちゃんの気が済むまで周りの匂いをかがせてあげましょう。新たな土地で、お気に入りの場所が見つかるといいですね◎


いかがでしたでしょうか?

引っ越しは、飼い主様の想像以上に、わんちゃんへストレスを与えてしまうものです。しかし!事前に準備をすることで、ストレスを抱かせることなく引っ越しをすることができます。ぜひ、お役立てくださると嬉しいです◎

●ライター:子安知保
●編集:うしすけチーム