うしすけ ブログ

Blog

腸内環境を整えてわんちゃんの健康を守ろう!オススメ食材もご紹介

◎動物看護師執筆◎

わんちゃんが、下痢や便秘を繰り返していることはありませんか?もしかしたらそれ、腸内環境の乱れが原因かも…。改善し整えることで、お通じの改善だけではなく、わんちゃんの健康維持にもつながります。

今回はわんちゃんの腸内環境を整えるメリットとそれを手助けするためのオススメ食材、さらには食材を与える際の注意点をまとめました!

わんちゃんのお腹の調子を整えるメリット

腸は食べ物を消化、栄養を吸収する器官として知られていますよね。しかし、役割はそれだけではありません!腸には、わんちゃんの健康に深く関わりがあるのです。

と言いますのも、腸内には善玉菌悪玉菌日和見菌の3つの腸内細菌が存在しているのを知っていますか?この腸内細菌のバランスが保たれることで、お腹の調子を整えるだけではなく、わんちゃんの全体的な健康につながります◎

●善玉菌:免疫細胞を刺激する役割があります。主な善玉菌として、ビフィズス菌や乳酸菌などが挙げられます。
●悪玉菌:発がん性物質やアンモニアなどの有害物質を生成する役割があります。血流と一緒に体内に流され、身体に悪影響を及ぼします…。主な悪玉菌として、大腸菌(有毒株)やブドウ球菌などが挙げられます。
●日和味菌:善玉菌と悪玉菌、このどちらか優勢な方に肩を貸す役割をしています。主な日和味菌として、バクテロイデス菌、大腸菌などが挙げられます。

ちなみに、善玉菌:悪玉菌:日和味菌は、2:1:7で体内に存在するのが最も理想的とされています

では、わんちゃんのお腹の調子を整えるメリットを詳しく説明いたします!

  • 便の調子が改善される!

腸内細菌のバランスの乱れは、わんちゃんの便通に大きく関わります。例えば悪玉菌が増えると、排便を促す腸の動きが鈍くなり便秘となることが多いです。反対に善玉菌が増えすぎると、有害物質を早く体外に排出しようとして下痢気味に…。

わんちゃんの腸内環境を整えることは、健康なお通じにつながるのです。

  • わんちゃんの免疫力がUPする

善玉菌は、短鎖脂肪酸というものを作る役割を担っています。短鎖脂肪酸とは、悪玉菌を抑え、ウイルスや病原菌による感染や炎症を防ぐ効果があります

わんちゃんのお腹の調子を整えて善玉菌を増やすことで、短鎖脂肪酸はたくさん作られます。それにより腸のバリア機能が高まり、わんちゃんの免疫力もUPするのです◎

  • アレルギー症状の緩和

わんちゃんのお腹の調子を整えることは、アレルギー性皮膚炎やアトピー症状の緩和にもつながります!

実は、身体の約70%の免疫細胞が腸に集まっています。そのため、お腹を整えることにより免疫細胞が正常に働き、アレルギー反応を軽減してくれます。

わんちゃんのお腹を整える食材を紹介!

ここまで、わんちゃんのお腹を整えるメリットを解説しました。お腹の調子が乱れてしまう原因にはさまざまなものがありますが、いちばん見直しやすいのは食事です!ここからは、わんちゃんが食べても問題のない、且つお腹を整えてくれる食材を紹介していきます。

  • 無糖ヨーグルト

ヨーグルトには善玉菌が多く含まれています。直接食べさせたり、フードと混ぜたりと活用しやすい食品です。

わんちゃんにヨーグルトを食べさせるときは必ず無糖のヨーグルトを選びましょう。1日量の目安は、小型のわんちゃんで小さじ2杯、大型のわんちゃんで大さじ1杯程度です。

  • キャベツ

キャベツには善玉菌のエサとなる食物繊維が多く含まれています。そのため、キャベツは善玉菌の増殖を助ける効果があります!

さらに胃腸の粘膜を保護するキャベジン、免疫力を高めるのをサポートするビタミンCも豊富に含まれています。わんちゃんに食べさせるときは、食べやすいように細かく刻んであげるといいでしょう。

  • りんご

りんごにはペクチンという成分が含まれており、腸内の悪玉菌の増殖を抑え、なおかつ善玉菌を活性化させる嬉しい作用があります

特にペクチンはの部分に多く含まれているため、皮ごとすりおろしてあげると効果が最大限に発揮されます!

  • 納豆

納豆に含まれている納豆菌は、腸内の善玉菌を活性化させる作用があります。さらに納豆に含まれる酵素には消化を助ける効果も

わんちゃんに納豆をあげるときは、味付けをしないで食べさせましょう。わんちゃん用のフリーズドライ納豆も市販されているので、そちらの活用がオススメです。

  • 亜麻仁パウダー

亜麻仁には食物繊維と善玉菌の栄養源となるプレバイオティクスが豊富に含まれています。亜麻仁油にはプレバイオティクスは含まれていないので、粉末がオススメです。

わんちゃんの亜麻仁パウダーが市販されているので、ぜひそちらを活用してみてくださいね◎

お腹を整える食材を食べさせるときの注意点!

  • 食べさせすぎは禁物!

わんちゃんの健康に良いからといって、食べさせすぎには要注意です。食べさせ過ぎると逆にお腹を壊してしまうこともあります。

まずは少量から食べさせて、体調に変化がないか様子を見ながらあげていきましょう◎

  • 無理に食べさせない

わんちゃんにも食べ物の好みはあります。お腹を整えるためだからといって、わんちゃんが苦手なものを食べさせるのはやめましょう。

無理に食べさせてしまうと、ごはんに苦手なものが入っているのではないかと警戒してごはんを食べなくなることがあります…。悪化すると、飼い主様を警戒してしまい信頼関係が崩れる…という悲劇が起こることもあります。

  • 病気のわんちゃんは獣医師に相談しましょう

現在治療中で薬を飲んでいたり、持病のあるわんちゃんにお腹を整える食材をあげるときは、獣医師に相談してください。食材によっては病気を悪化させてしまう可能性があるからです。

また、療法食を食べているわんちゃんも獣医師に相談する必要があるでしょう。療法食は特定の病気に対して栄養バランスが調整されているフードです。違う食材をあげることで、栄養バランスが崩れ、わんちゃんが体調を脅かす恐れがあるのです…。


わんちゃんの腸内環境を整えることは、わんちゃん自身の健康につながります。適度にお腹の調子を整える食材を取り入れて、わんちゃんの健康維持を助けてあげましょう!

●ライター:とりすき あかね
動物看護師の資格を保有
●編集:うしすけチーム