うしすけ ブログ

Blog

【おうちで簡単に】コリやすい部分はどこ?わんちゃんのマッサージ!

◎獣医師執筆◎

普段の仕事や家事で疲れたとき「誰かにマッサージしてもらいたいなあ」と、ふと考えたりする場面がありますよね。わんちゃんたちもきっとマッサージをしてあげたら気持ちよさそうにするんだろうな…でも難しそうだな…とお考えではありませんか?実は、おうちで簡単に、誰にでも実践することができちゃいます!

今回は、今まで試したことがないけれど、おうちで初めてわんちゃんにマッサージをしてあげたい!という方に向けた記事となっています。さあ、早速はじめてみましょう!

わんちゃんがコリを感じやすい場所はどこ?

まず、わんちゃんのコリやすい場所を知りましょう。人は「肩が凝った」「足が疲れた」と感じやすいですが、わんちゃんはどうでしょうか?

  • 前足を動かす筋肉

わんちゃんは進化をする過程で、より早く長く走るために前肢に体重をかける前のめりの姿勢となり、鎖骨が退化しました。それに伴い、後頭部の骨につく筋肉や胸の筋肉、肩甲骨を支えている筋肉で上半身を支えて走るようになりました。

ちなみに、わんちゃんの前足には全体重の約6割がかかると言われています。そのため、前足を動かす筋肉はわんちゃんにとってコリやすい場所です。


わんちゃんは飼い主様を見上げる姿勢をよくとりますよね。飼い主様とコミュニケーションを取るために、「目を合わせよう!」と一生懸命首を持ち上げてくれています。

見上げてくれているときのわんちゃんはとても可愛らしいですが…首がコリやすい姿勢でもあります。特に小型犬ほど見上げる角度は大きくなるため、首がコリやすいと言われています

マッサージができる状態になろう

マッサージをする前に飼い主様とわんちゃんそれぞれがマッサージを開始できる状態か確認しておきましょう。飼い主様は指輪・ブレスレッド・時計を外します。爪が伸びている場合は切っておきましょう。手が冷たいと、わんちゃんをびっくりさせてしまう原因になります。事前に温めておくといいでしょう。

飼い主様の準備ができたら、わんちゃんの状態を確認します。触ると痛がったり、かばったりするところはありませんか?皮膚に赤みがあったり、できものを見つけたり…あれ?いつもと様子が違うな?と思ったらマッサージを中止し、まずは動物病院で相談しましょう。

筋肉を緩めるための押し加減を確認しよう!

カチカチに凝ったコリをほぐそうとしたとき、どの程度の力加減で押してあげるのが最適かご存知ですか?できるだけ強い力がいいのでは、と勘違いしている方もいるかもしれませんね。

実は凝っているからと思い切り押してしまうと、からだに余分な力が入って筋肉がほぐれにくくなったり、筋肉に傷がついて痛みが増す“もみ返し”が起きる可能性があります…

わんちゃんをマッサージする時の圧はどんなに強くても500g以下の圧力を心がけましょう。小型犬では200gでも十分にマッサージの役割を果たします。試しに、電子スケールの目盛りがそれぞれ200gと500gになるまで押してみてください。感覚はつかめたでしょうか?わんちゃんにとって気持ち良いマッサージになるよう、それより強く押さないよう気をつけて行っていきましょう!

マッサージをしてみよう!

いよいよわんちゃんにマッサージをしてみましょう!

1.姿勢を整えましょう


わんちゃんに声をかけながらゆっくり膝の上に乗せます。膝の上が嫌いな子や大きなわんちゃんは、飼い主様の近くで楽な姿勢をとります。絶対この姿勢でなくてはならないという決まりはありません!いつもわんちゃんがリラックスしているときにみせる姿勢で行いましょう。

2.マッサージを始めましょう


手のひらでふわりと包み込む感覚で、身体の頭からお尻まで撫でるようにして血流を流していきます。鼻周り・目周り・首も同じようにソフトな指圧で流していきましょう。わんちゃんが仰向けに抵抗がなければ、お腹も「の」の字にゆっくりと撫でましょう。足先や尻尾も優しく指圧をかけてほぐしていきます。

マッサージは手のひら全体や指先の圧で行うのが基本ですが、徐々に慣れてきたら手をくわの形にして指の付け根や背中をマッサージしたり、三本の指で背中を軽くつまみながらコリをほぐすことにもチャレンジしてみましょう。どんな時も強く押しすぎないことに注意します。

3.わんちゃんの様子を確認しましょう


わんちゃんの様子はどうですか?マッサージはわんちゃんがリラックスをしている状態であることが理想です。マッサージの順番に絶対の決まりはありません。わんちゃんの反応を大切にしてあげましょう。心拍数が上がる・唸る・勢いよくこちらを振り返るときはわんちゃんがリラックスをしてマッサージを受けられていない証拠です。1度マッサージを中止しわんちゃんがリラックスできる環境を整えたり、やり方を見直しましょう。

マッサージにかける時間は5〜15分くらいが目安です。長い時間でなくても構いません。わんちゃんの様子を見ながら無理にない程度に始めてみましょう。

おうちでマッサージにチャレンジ!

今回はマッサージに初めて挑戦する方に向けて記事を書かせていただきました。私も自宅でわんちゃんをマッサージをしています。目がトロンとしてきて、仰向けのままウトウトと気持ちよさそうに眠り始める様子を見ると、ほっこりとした幸せな気持ちになります!

わんちゃんと飼い主様のスキンシップと信頼関係のためにも有効なマッサージ。今日からお家ではじめてみませんか?

●ライター:いぬかい ゆうみ
獣医師の資格を保有
●編集:うしすけチーム