うしすけ ブログ

Blog

水に苦手意識を抱く理由は?わんちゃんに水嫌いを克服してもらう方法

わんちゃんの清潔感を保つためにも、定期的なお風呂は必須ですよね。一方で、水に濡れるのが苦手なわんちゃんはとても多いです。中には、飲み水まで嫌うわんちゃんも…。

今回は、どうしてわんちゃんが水嫌いになってしまうのか、そしてどうすれば克服できるのか…水を嫌がるシチュエーション別にお話していきます。

お風呂を嫌がるのはどうして?

いざお風呂をしようとすると、「イヤだ!」と逃げたりピーンと足を踏ん張って抵抗したり、中には部屋の隅で縮こまるわんちゃんは多いかと思います。お風呂にて水への苦手意識を抱いてしまうとき、どうやら飼い主様のシャンプー方法などに原因があることが多いです。

では、どのような原因で水が苦手になってしまうのでしょうか?

  • シャンプー時の温度設定

シャワーの温度設定を、飼い主様がお風呂に入るときと同じにしていませんか?わんちゃんは人と基礎体温が異なりますので、お湯の温度も変えないといけません。

  • お風呂時のトラウマがある

ゴシゴシと被毛を洗う時の手加減が強かった、無理やりシャンプーをさせられた…など、お風呂時にトラウマがあるわんちゃんは、その延長線で水を嫌ってしまうことがあります

お風呂を好きになってもらうには?

  • まずばお風呂場に慣れてもらう

お風呂場は音が響くため、水音なども大きく聞こえます。ましてや見慣れない環境であるため、わんちゃんは「ここはどこだろう…?」と不安になってしまいます。そんな中、いきなりシャワーをジャーッと出したりすると…より大きな不安に苛まれてしまいますし、水に対して恐怖心を抱くキッカケになってしまうかもしれません。

まずは、「ここは安全な場所だよ」と伝えることが最優先です。しばらくシャワーなどは出さずに、わんちゃんを撫でたりしながら、お風呂場に慣れてもらいましょう。

  • ぬるめのお湯で、優しく洗おう

冷たい水や熱めのお湯を突然かけると、わんちゃんはビックリしてしまいます。まずはお湯を出してみて、手のひらで触って温度を確かめましょう。ぬるめになるよう温度を調整したら、いざわんちゃんにかけてみましょう。かけるときは、足元からゆっくりと。褒めたりご褒美のおやつを与えながら慣れてもらいます。そこから少しずつ、全身をシャワーしていきます。

シャンプー時は、優しく洗うことを心がけましょう。ゴシゴシ行うと嫌悪感が生まれるだけでなく、被毛が傷つく原因にもなります…指の腹を使って、マッサージするように優しく丁寧に洗うのがコツです。

プールを嫌がるのはどうして?

泳ぐという行為は全身運動にあたり、エネルギー消費量がとても高いスポーツです!ダイエットとしても効果的な運動として知られています。また、浮力が発生するため、シニアのわんちゃんのリハビリにもピッタリです◎

しかし、プールが苦手なわんちゃんもかなり多いです…。一体どうしてでしょうか?

  • 身体の冷える感覚が苦手

わんちゃんにとって、被毛が濡れるのは一大事。身体の健康を守るためにも、被毛で身体の体温低下を防がなければなりません。しかし、プールに入ることで身体の体温は一気に下がります。そうすると、水に対して良いイメージがなくなってしまいます…。

  • いきなり泳がされたことがある

犬かき」という言葉があるくらいですから、「わんちゃんなら上手に泳げるだろう…」という思い込みで、突然わんちゃんをプールや湯船に入れた経験はありませんか?わんちゃんにもそれぞれ得意不得意があります。それすら分からない状態で水にドボン!と入れられたら…わんちゃんにストレスを与えてしまいます。

ましてや水深があったら…足が付かないため、恐怖心を抱いてしまいます。最悪の場合、水や泳ぐことだけでなく飼い主様に対しても恐怖を覚えてしまうかもしれません…。

プールを楽しんでもらうには?

  • 水に濡れることから慣れてもらう

お風呂と同様に、水に濡れることから慣れてもらいましょう。わんちゃんは、どうしても被毛を濡れることに抵抗感を抱くことが多いです。そのため、最初の水に濡れる瞬間に、「イヤだ!」と思われてしまうと…なかなかその嫌悪感をぬぐうのは難しいです。

最初はスプレーなどで少しずつ濡らしながら、「いい子だね」と声をかけたり、ご褒美のおやつを与えながら、水に対してプラスのイメージを持ってもらいましょう

  • きちんと泳ぐ補助をする

人と同じように、最初から上手に泳ぐことができるわんちゃんは少ないです。溺れるなどして恐怖心を覚えさせてしまうと、水が怖くてプールに近づかなくなってしまうことも…。そうならないためにも、はじめて泳ぐ際は、わんちゃんの身体が平行になるように、そして身体を浮かすように、きちんと補助をしながら泳がせてあげましょう

ちなみに…1日で習得させようと無理やり泳がせるのはNGです。ストレスがかかるだけでなく、長時間の水泳はわんちゃんの体力的にも厳しいものです。時間をかけて、ゆっくりと習得してもらいましょう◎

飲み水を嫌がるのはどうして?

水分補給は、生きている上で欠かせないものですよね。それもそのはず、わんちゃんの身体は、パピーは約70~80%成犬は約50~80%が水分と言われています!半分以上が水分で出来ているわけですから、摂取せずにはいられませんよね。

しかし、中には飲み水を嫌がるわんちゃんもいます…それはどうしてでしょうか?

水面やお皿に映る自分の顔が怖い


ステンレスの水入れを使用しているわんちゃんに多いのが、水面の反射で映る自分の顔に恐怖心を抱くことです。映っているわんちゃんがまさか自分の顔とは思わず、「敵だ…!」と勘違いしているのです。

どうすれば水を飲んでくれる?

  • 水を入れる器を小さくする

器が大きいことで、どうしてもわんちゃんの顔が全体的に映ってしまいます。そのため、あえて小さめの器を使用してみましょう。また、ステンレス製のもは特に顔が映りやすいので、プラスチック陶器製の器がオススメです!

  • 給水器を活用してみよう

中には、ペットボトルでケージに付けるタイプの給水器などもあります。最近は、電動で浄水を行ってくれる給水器もありますよね。これらは顔が映ることもないですので、安心してわんちゃんが水を飲んでくれるでしょう!

ここで1点注意。浄水機能付きの給水器だったらいいのですが、ペットボトルタイプのケージ設置型の給水器は、ついつい水交換を忘れがちです。毎日、清潔な水を準備してあげることをお忘れなく◎


いかがでしたでしょうか?

ここまで読んで気づいていただけたかと思いますが…わんちゃんの水嫌いは、単純に水自体が嫌いなのではなく、水との付き合い方が原因でした。つまり、水との付き合い方を改善することで、水嫌いを克服することができるんです◎

そのためには飼い主様の心がけがとても大切です。焦らずゆっくり、水を好きになってもらいましょう!