うしすけ ブログ

Blog

筋力アップや維持に最適!わんちゃんの健康に役立つ栄養素とオススメ食材

わんちゃんの健康のために、筋力アップや筋肉量の維持をしたい…そんな飼い主様は多いのではないでしょうか。

ということで今回は、わんちゃんの筋力アップや、筋力維持に役立つ栄養素とオススメ食材をご紹介します!与える際の注意点なども、あわせてお話していますよ◎

わんちゃんの筋力アップや維持に役立つ栄養素

  • タンパク質

わんちゃんの筋力をアップさせる栄養素といえば、タンパク質。パピーからシニアのまで、どのライフステージのわんちゃんであっても欠かすことのできない栄養素です。

タンパク質は筋力アップ筋肉量の維持だけでなく、わんちゃんの身体の中の免疫物質・ホルモンを作り出す役割もあります。

タンパク質には、「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」がありますが、わんちゃんに与える場合は、動物性タンパク質がオススメです!なぜなら、本来肉食動物であるわんちゃんは、植物性タンパク質の消化が得意ではないからです。

なお、タンパク質を与えすぎてしまうと、腎臓や肝臓に関する健康トラブル、肥満の原因となるため注意が必要です反対にタンパク質が足りなくなると、体力の低下や皮膚・被毛に関するトラブルだけでなく、免疫力が低下し病気を引き起こしやすくなってしまいます。特にパピーの時期にタンパク質が不足してしまうと、筋力の低下だけでなく骨格などに悪影響を及ぼす危険性も…

  • その他の栄養素

わんちゃんの筋力アップや維持をするためには、バランス良く栄養素を摂取することが大切です。

高タンパクな食事管理を意識しながら、ビタミンミネラルなどが不足しないように注意しましょう。

わんちゃんの筋力アップや維持にオススメの食材

ここからは、わんちゃんの筋力アップや維持にオススメの食材をご紹介します。間違った与え方をしてしまうと、わんちゃんの健康トラブルを引き起こしてしまう恐れがあります。わんちゃんに手作りご飯や、いつものご飯のトッピングとして与える時は、必ず調理方法や与える時の注意点を守りましょう。

初めてわんちゃんに与える場合は、アレルギー症状を発症する可能性があるため、必ず少量ずつ与えてください。その後、わんちゃんの様子に変化がなければ少しずつ与える量を増やしていきましょう。  

  • 馬肉

馬肉は、タンパク質を多く含む低カロリーな食材ですタンパク質以外にも、カルシウム鉄分亜鉛などの栄養素も含まれているため、わんちゃんの筋力アップや維持に適した食材の1つです

わんちゃんに初めて馬肉を与える時は、基本的に加熱調理して与えましょう。しっかりと加熱した馬肉を細かくカットしたり、ミンチにしてわんちゃん用ミートボールにするなど、アレンジしてさまざまな方法で与えることができます。

わんちゃんに生の馬肉を与えたい飼い主様は、人が馬刺しとして食べることができる新鮮な馬肉を選びましょう。

  • 鹿肉

鹿肉は、豚肉や牛肉よりもタンパク質が多く、脂質やカロリーが低い食材です他にも、ビタミンB群ミネラルが豊富に含まれているため、皮膚や被毛のトラブル、貧血に悩んでいる飼い主様にもオススメとなっています

鹿肉をいつもの食事として与える際は、ミキサーにかけた鹿肉とお好みの野菜と混ぜて、わんちゃん用ハンバーグにすると栄養バランスもバッチリです。おやつとして与えたい飼い主様は、オーブンレンジで鹿肉ジャーキーにするといいでしょう。

  • マグロ

マグロは高タンパク質で、アミノ酸スコア100の食材です。 さらに、シニアのわんちゃんに嬉しい栄養素であるオメガ3脂肪酸が含まれているため、筋力維持と合わせて認知症予防や、皮膚の健康維持をしたい飼い主様にオススメです

マグロは、鮮度の良いものであれば生でも与えることができます。しかし、鮮度が心配な場合や、アニサキスなどの寄生虫が心配な場合は加熱してから与えましょう。加熱方法は焼いても茹でても問題ありませんが、調味料を使用しないようにしましょう◎また、骨を取り除いたり粗熱を冷ましてあげることも大切です。

ごはんのトッピングとして与えたい飼い主様は、マグロを茹でて骨を取りながら細かくほぐし、わんちゃん用の手作りマグロフレークを作ってあげましょう。


いかがでしたでしょうか?今回ご紹介した食材を使って、わんちゃんに手作りごはんや手作りトッピングを与えてあげてみてくださいね◎

ただ、どれだけ食事で筋力アップや維持に役立つ栄養素を摂取しても、全く運動しなければ筋力が低下するだけでなく、肥満となる危険性もあります。肥満体型のわんちゃんは糖尿病のリスクが上がるだけでなく、骨や関節に負担がかかりやすくなり、骨折や膝蓋骨脱臼などを引き起こしやすくなってしまいます…。そのため、食事管理と合わせて適度な運動もきちんと意識することが大切です!