うしすけ ブログ

Blog

わんちゃんはどうして狭くて暗い場所を好むの?理想な隠れ家の条件とは?

わんちゃんの姿が見えなくて探したら、ベッドの下や家具の隅っこで隠れているのを発見した…なんてことはありませんか?家具の間に挟まって「抜け出せなくなったの?」と心配になることもあります。どうやら、わんちゃんは窮屈なところが好きなようです。

ではなぜわんちゃんは狭くて暗いところに入るのでしょう?今回は、その理由を解説していきます。またわんちゃんが理想とする、落ち着く場所の条件もご紹介しますので、安心して過ごすための隠れ家的な”クレート”選びの参考にしてみてくださいね。

わんちゃんが狭くて暗い場所にいるときの理由4つ

①本能的なもの


わんちゃんの先祖は、洞窟洞穴などで暮らしていました。その名残があるため、わんちゃんは狭くて暗い場所が落ち着くのだと言われています。広い場所より狭い場所を好み、身体のどこかが何かに触れている状態で眠る習性が、現代のわんちゃんにも残っているのです

普段元気いっぱいなわんちゃんが狭くて暗い場所に入っているときは、本能的に落ち着きたいときですので、そっとしてあげましょう。

②リラックスしたい


警戒心の強いわんちゃんは、広い場所にいるときは常に神経を張り巡らしています。時には、室内という安全な場所に居ながらも、窓のそばでずっと外を見ているわんちゃんもいますよね。このときのわんちゃんは、バイクが通ったり、宅配便の車の音に敏感に反応して吠えることもあります。とにかく、常に神経を張って周囲を警戒しているんです

そんな警戒心の強いわんちゃんは、ゆっくりしたいとき自ら狭くて暗い場所に入っていきます。おだやかな顔で過ごしているようなら、休めるようそっとしておきましょう。

③恐怖心から隠れている


雷や花火など大きな音が苦手なわんちゃんは多いですよね。普段の暮らしの中で大きな音といえば、人のくしゃみ。ゆっくり寝ているのに我慢できなくて、つい「クシュン!」と音を出してしまい、わんちゃんが起きてしまったことありませんか?

日常の音として慣れていくくしゃみならまだしも、大きな音、嫌いな音を怖がって狭い場所に隠れることがあります。身体を隠しておける狭いところは安心できる場所なんです。 恐怖心が強いようであれば、「大丈夫だよ」と優しく声をかけたり、そっと撫でて恐怖心をゆるめてあげられるように心がけましょう

④体調不良で隠れていることも…


わんちゃんがいつになっても出てこないときは、体調が悪くて隠れているのかもしれません。そんな時は、ぜひ声をかけて様子をみてください。

ぐったりしている、粗相をしているなど、いつもと明らかに様子が異なるようなら、動物病院で診てもらうと安心です

クレートは、わんちゃんにとって理想的な隠れ家!

狭くて暗い場所を見つけるのが得意なわんちゃんですが、クレートを用意してあげるのはオススメです。最初は警戒して様子を伺うでしょうが、安全な場所だと確信が持てれば、クレートはわんちゃんの“最高の隠れ家”になります

では、わんちゃんはどんなクレートが好みなのか…理想の条件を確認していきましょう。

  • 狭さ

クレートの中でくるっと回れて、かつ身体がすっぽりおさまり丸まっていられるサイズなら合格です。余裕のあるサイズの方が良さそうと思うのは広い家に住みたいという人の欲求です。わんちゃんには狭すぎるくらいが落ち着いてちょうど良いのです

  • 暗さ

穴ぐらで暮らしていた祖先の本能を受け継いでいるので、暗い場所は自然と落ち着きます。真っ暗ではなく、左右と後ろは閉ざして1方だけ開いているくらいのほの暗さに調整してあげるといいでしょう

◎静かな場所に設置しよう

ゆっくりくつろげる場所が好ましいので、できるだけ静かな環境に設置しましょう。ドア付近は人の出入りも合ってなかなか落ち着きませんから、部屋の隅など生活音の少ないリラックスできる空間に置いてあげたいです。

◎何箇所もあって良い

狭い隠れ場所はわんちゃんにとって安住の地です。クレートはフリースペースに2箇所くらい設置してあげたらなお良いです。

家族と触れ合える場所に1つ、少し離れていてわんちゃんだけがリラックスできる場所に1つ、合計2箇所に設置すると自由に行き来することができオススメです。


今回はわんちゃんが狭い場所を好む理由を解説しました。いかがでしたか?

元気なわんちゃんが狭い場所に入るのは安心したい時ですから、可愛くてかまいたくても声をかけたり無理に外に連れ出そうとせず、そっとしておきましょう。とはいえ恐怖心や病気の兆候も考えられますので、観察して原因を取り除いていくことも大切です。

また、普段からクレートを用意してあげると、老犬になったときや、万が一の災害時に安心して過ごせる場所となり役に立つでしょう

愛するわんちゃんに、とっておきの時間を過ごせる環境を整えてあげたいですね◎

●ライター:ひね ゆいこ
●編集:うしすけチーム